Jiraud Accelerator Active Balancer バッファアンプ

バッファの役割

 

今時、バッファの話なんて珍しくも何ともないかもしれませんが、その重要性を考えると、もっとちゃんと注目されてもいいような気がするところ。

 

バッファに対して、独自の味つけや音づくりを求めるのは、目的が違うかなと。

 

「ハイインピーダンスの信号をローインピーダンスに変換して出力する」

 

自分はそれを第一に考えていますし、特に大袈裟な機能や効果などは求めてません。

 

実際にあった酷い物の中には、バッファと言っているのにもかかわらず、大してローインピーダンス出力になってないという、驚きなのも存在しました。

 

「ブースターとしても使える!」とか、多機能が売りだったようですが、肝心の目的を果たしてくれないのではどうにもなりません。

 

他にもよくあるのが、通しただけで音がなまった感じになったり、コンプ感が出てしまったり、そんなパターン。

 

本当にシンプルにそのままでいいのに、なぜ話がこじれてしまうのかと本当に不思議になります。

 

ジラウド・アクセラレータ

 

そんな、いろいろ気をつけた方がいいと思われるバッファの世界。

自分が所有しているほぼ全てのジラウドベースには、そのまま同社のものを内蔵させています。

 

この『アクセラレータ』というバッファが実に素晴らしい。

それ単体では、ボリュームもトーンも何も付いておらず、本当にシンプルの極み

 

あまりに小型に作れるためか、ストラップに装着できるタイプのものまで出ていたり、楽器の改造に抵抗がある人でも短距離でのインピーダンス変換が実現できます。

 

ジラウド・アクティブバランサー

 

アクセラレータを2つ搭載したバランサーがこれまた素晴らしい。

 

PUからの信号を劣化なくそのまま出力したいのであれば、出来るだけ短距離でローインピーダンスに変換した方が良いわけです。

 

あれこれと遠回りして劣化させるより、確実に理に適ってます。

そして、それを可能にするバッファ内蔵型バランサーが存在しているという、実にありがたい話。

 

通すだけで音が痩せたり問題が起きたり、そういった酷いバランサーとは比較になりません。

 

ネオパッシブ

 

以前にも話しましたが、アクセラレータを利用した『ネオパッシブ』もこれまた良い。

パッシブに対し、意固地で変な執着などもないなら、理想的な仕様になるでしょう。

 

パッシブの信号をそのまま何も考慮せずに出力すると、状況によっては本当に悲惨なことにもなる可能性があります。

 

アンプ側とアンマッチングを起こした場合の音痩せの酷さと言ったらありません。

 

このブログで何度も言っていますが、盲目的に「パッシブは純粋!」とか信じこむのはまったく賛同できないところ。

 

高性能なアンプを常に使用するのなら分かる話にもなりますが、音痩せしてるのをEQで無理矢理に補正したり、アンプに濃いキャラを求めたり、「それのどこがピュアでナチュラルなのか?」とツッコミを入れたくなります。

 

言葉のイメージや感覚ばかりを優先しないで、電気的な現実を見ることも大切です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

自由度が高いアクセラレータ

 

・フルチューンで超高速サウンドを目指すもよし

・ネオパッシブで渋く使うもよし

・改造せずに外付けで使用するもよし

 

アクティブバランサーの有無、簡易ネオパッシブ、スピードマスターなど、好みに応じて仕様を自由に選べるのが実に美味しいポイント。

 

適正にインピーダンスが処理されていれば、様々な面で恩恵を受けることができるので実用的。

渋い路線で行くにしても派手な音づくりをするにも、楽器もエフェクターもアンプもすべて扱いやすくなります。

 

パッシブトーンが活きている仕様なら、そのまま甘いサウンドを作ることも簡単。

また、甘い音と言っても、ただ痩せてこもってるのとは異なるでしょう。

 

甘くても抜けてくる使えるサウンドになるので、扱い方が分かってくれば、派手なスラップサウンドでも渋く甘い音でも、簡単に切り替える事が可能になります。

 

バッファの効果を確かめる

 

そんなわけで、今回はちょっとした実験動画でも一つ。

 

PUからジャックに直結したパッシブJBで、間にジラウドのペダルを通してみました。

歪みエフェクターなので、純粋なバッファとはちょっと違うかもしれませんが、それでも、アクセラレータの効果は伝わるんじゃないかと。

 

www.youtube.com

 

アンプ側は入力インピーダンスが100kΩとかなり低めな状態の為、パッシブ楽器でそのまま出力すると、特に高域が壊滅的になります。

 

動画では生音が混ざってるので意外とそれなりにも聴こえるかもしれませんが、実際はかなり音が曇ってしまっていて酷いことになってしまっています。

 

比較すると、後半はドンシャリでバッファに癖があると思われそうですが、これは、PUの特性がそのまま出ているだけだと考えて欲しいところ。

 

このバッファの登場で当のジラウドですら、PUの見直しが必要になったそうな。

ある意味、それぐらい正直にそのまま再生される残酷なものという気もするかも?

 

ちなみに今回は、低弦高でバズも気にせず、タッチもあえて粗めに弾いています。

それが正直に再生されてるのはどちらなのか、比較するのも面白いんじゃないかと。