縦振動のタッチ

衝撃の出会い

 

ジラウドの福田さんに教わってから軽く10年以上。

いまだにずっと縦振動のタッチの練習に取り組んでいます。

 

あの音との出会いは本当、自分のベース人生を完全に変えてしまいました。

 

それまでは弦高1mm以下、紙一枚入るかどうかってセットアップだったり、薄くて幅の狭いネックを好んだり、とにかく安易な弾きやすさを重視。

 

タッチはほんの軽く触れる程度、出音はEQのブーストで誤魔化したり、完全に機材任せ。

 

で、それを「これが俺のスタイルなんだ!」と恥ずかしげもなく誇ってたのだから何とも恐ろしい。

 

太い音の出し方とかタッチなんて全く研究せず、「弦高あげて力任せなんて時代じゃない!そんなものは非効率だ!」とか考えていたのが本当の話。

 

価値観と自信の崩壊

 

しかしまぁ、そんなつまらないメッキなんかすぐ剥がされてしまうことに。

本物のサウンドを前に、安っぽいプライドやこだわりなど、いとも簡単に砕け散りました。

 

自分が弾くとカスみたいな音しか出ないただのパッシブベース。

それを福田さんが弾くと別次元のとんでもなく太い音が出てくるという、全く意味不明な現実。

 

あれは最初、何が起きているのかさっぱり分かりませんでしたね・・

 

しかも力任せではなく、ごく自然にその音を出してるとくるから余計に混乱。

おまけに、物凄く小さな音量でも太さはそのまま出せるってことに驚愕。

 

「あぁ、俺は何も基礎なんか身につけてなかったんだな・・・」

 

と、心の底から思い知らされ、マジで泣きたくなるほどヘコんだ記憶があります。

ベースのことを何も理解しようとせず、いい加減にテキトーに弾いてたという事実を痛感。

 

あのザマでよくも「自分のスタイルが出来上がりつつある!」なんて自信満々になっていたものだなと恥ずかしくて仕方なかったです。

 

【スポンサーリンク】 

 

 

あの音を出したい

 

ある意味ではトラウマにも近いぐらいの体験をした縦振動ですが、最近になりようやく、そのタッチの感覚が分かってきました。

 

正直、いまだに本家には遠く及びませんが、しかし、ペチペチのベースとスタイルから心を入れかえ、挫折をくりかえしてきた者ならではの視点があるとも思っています。

 

「俺のスタイルじゃねーや!」とか「縦振動が絶対じゃねーし!」なんて何度も諦めかけてきたからこそ、分かることもあるわけです。

 

今後、どれぐらい書き続けていくかは分かりませんが、このブログ上でも縦振動の研究を進めていってみたい次第。

 

動画

 

縦振動を意識すると、ブリッジ付近でも小指でも太い音が出せるようになります。

 

これは小指を使う練習をしているのではなく、それを積み重ねたのでもありません。

スピードとタイミング、角度などを掴んでおけば、それだけで音は太くなるという例です。

 

※低音がちゃんと出るヘッドホンなどで聴くのを推奨。

www.youtube.com

 

人差し指だろうが中指だろうが、弦振動の方向や力加減が悪ければ、良い音は出ないのが現実。

逆に、縦振動が身についてくれば、どの位置でもどの指でも太い音が出るから面白いところ。  

 

手が小さいとか非力だとか、そんなことも関係なくなってくるでしょう。

 

タッチコントロールの感覚が分かってくると本当に楽しいですよ。

あれこれと言い訳したり、機材探しに悩むのが馬鹿馬鹿しくもなってきます。