Jiraud HPM ヘッドホンアンプ

f:id:bakibakibass:20170406221152j:plain

 

夜間の練習ならこれ

 

ジラウドで初めて購入した製品がこのヘッドホンアンプ。

 

もう軽く15年前後は愛用していますが、未だに大活躍で本当に助かる相棒です。

アダプターだけでなく9V電池でも駆動するので、移動先で使うにも便利。

 

今でこそヘッドホンでの練習環境も充実してきていることかと思いますが、これを手に入れた頃は良い物なんてほとんどなかったのが現実。

 

某社のベース用ヘッドホンアンプが話題になった時期なんかもあったけれど、まぁ、このHPMとは全く比較にならない酷いものでした。

 

と言うか、それがあまりに酷かった為、ジラウドから出そうという話になった覚えも?

 

余裕の鳴り

 

このヘッドホンアンプの魅力は、とにかく大出力なこと。

大袈裟ではなく、スピーカーを駆動することも可能なぐらいのパワーを持っています。

 

ヘッドホンをしながらの練習で音量が足りないなんてことはまず無いし、音が割れたり歪んでどうしようもないなんてこともありません。

 

歪むとするならば、それはヘッドホンの方に問題があるんじゃないかと。

 

とにかくクリアーにそのまま再生してくれる為、ベースの練習にものすごく良い感じ。

CDなどの音源と同時に鳴らしてもぜんぜん濁らないので、よりシビアに確認したり合わせることも可能。

 

また、入力にジラウドオリジナルのバッファも装備しているので、パッシブ楽器でも問題なく使えますし、その音の生々しさに驚かされます。

 

ちょっとしたオーディオにも

 

そして、上記のパワーを利用した裏技と言いますか、オーディオアンプとして使用しても実は意外と良いんですよね。

 

実際、ジラウド店内では、自社のオリジナルモニターをこのHPMで駆動させていたりするのですが、これがなかなか凄い。

その驚くほどクリアーでストレートなサウンドにオーディオマニアもブッ飛ぶかもしれません。

 

余計なものがないそのシンプルな回路が功を奏しているのか、 変なアンプよりもHPMの方がはるかにクリアーだったりするから面白い。

恐ろしいほど軽量で手の平に乗るようなサイズでもありますが、これが本当に侮れません。

 

能率の高いスピーカーがあれば、意外なほどの音量を出すこともできますし、大袈裟ではなく、けっこうな多目的アンプとしても成り立ってしまうポテンシャルがある。

 

JFDT-HAにも搭載

 

ちなみに以前に紹介したJFDT-HAには、このHPMが内蔵されていたりします。

 

ジラウド店内で使用しているのもそちらのHPMですね。

1Uのシンプルなラックプリですが、本当に至れり尽くせり。

 

HPMとJFDT-HA、自分の人生において凄まじい貢献をしてくれてます。

楽器を良い音で鳴らすって基本なことですが、だからこそ真剣に考えるべき問題ではないかなと。

 

大袈裟ではなく、楽器の出音からタッチから何から、そのすべてが変わる!