ポングとベース

ベース楽しむ人生を

当たりがいいかエージングの醍醐味を味わうか

今まで数えきれないぐらいのジラウドベースを試奏してきましたが、ぞくに言う「当たり」と思われる個体が稀に誕生する印象。

最初からエージングされているような音が出てしまうと言うか、何年も弾いてきた自分の楽器と比べても悔しくなるような物があったりします。

 

理由は定かではありませんが、最初からものすごくバランスが良かったり、音に統一感があったり、気持ちいい音が出てしまうという不思議。

中には凄まじいボトムが当然の様に出てきてしまったりもするから恐ろしい。

そこからさらに成長していくのか、それともすでに落ち着いてしまっているのかは不明ですが、いずれにせよ、ド新品でもすでに完璧かと言いたくなる物が存在するのは確か。

 

話によると、何も塗装していない状態の楽器の鳴りは本当に凄いそうな。

しかし、そこに分厚い塗装を施すと残念に結果になるのが多くの現実みたいです。

たとえオイルフィニッシュだったとしても、塗装することに変わりはないそうで、やはり、完全に生の状態とは異なることになってしまう様子。

 

自分も以前、分厚いポリフィニッシュの楽器の塗装を全部剥がしたことなどあったりしますが、そのドン引きするような厚みと頑丈さに悪戦苦闘した思い出。

これでは確かに、楽器は別物になってしまうような気がしましたし、実際、鳴りも出音も大きく変化した印象が強かったです。

 

だからと言って、ポリフィニッシュの楽器が悪いかと言うと、これがそうではなかったり。

結局のところ、エージング次第で別物なぐらいに成長させることが可能みたいです。

 

自分が持っているW-BASSは前述のような当たり個体だったらしく、以前の所有者いわく、最初からほぼ完璧な音がしていたそうな。

このベース、ラッカーでもオイルでもなんでもなく、普通にポリ塗装。

以前にも話したことがある先輩ジラウド使いのベースもポリ塗装だったはずですし、他にもポリ塗装でよく鳴っている個体に数多く出会ってきました。

 

結局はどれだけのポテンシャルを持っているのか、所有者がどれだけ弾き込んできたのか、それが問題なのかもしれません。

「当たり以外はぜんぶハズレ!」なんて考える必要は全くないし、「スペック的に優れてるから」なんて理由だけで楽器の良し悪しを判断するのもどうなのかなと思うところ。

 

直感でも理屈でもなんでも、どれだけ気に入った楽器に出会えるか、それをどこまで弾き続けることができるか、それが一番重要なポイントなのかなと。

そして、そういう楽器に出会えることがどれほど幸せな話か、今のメインベースを弾いていると心底そう思う次第。

最初の鳴りを知っている分、エージングも素直に信じることができます。

入手当時は正直、「・・・?」ってなること多かったんですよ、ここだけの話。

 

そういう意味では、最初から鳴りまくっている場合、それはそれで少し寂しいような気もするし、育てる楽しみがちょっと減る可能性もあるのかもしれません。

まぁ、良い楽器であればそれがなによりですし、はなからそうあるべきだとも思うけど、そこを超えた「不思議な何か」を楽しむのも醍醐味のように感じます。

 

この面白さをオカルトだのなんだの、利口ぶって切り捨てるのはもったいない話。

好きな楽器弾いて上手くなって、音も良くなって、それを疑ってなにが楽しいのかと。

 

楽器って弾いていくと本当に変わりますよ。

広告