ポングとベース

ベース楽しむ人生を

スピーカーのエージング

色々な意見があることとは思いますが、スピーカーにもエージングは有効な印象。

と言うか、スピーカーこそちゃんと鳴らさないと良い音がしてくれないのかなと。

こちらもジラウドベース同様、気のせいではない変化を実感しています。

 

ド新品のスピーカーなら本当に数時間弾くだけでも変わるんじゃないかと思いますし、実際、最初はぜんぜん良い音がしなかったスピーカーが見事に変わったことがあります。

あの変化を気のせいとかオカルト扱いで済ますのは、逆に無理があると感じる次第。

 

そんなエージングについてですが、有ると無いで極端に意見が分かれるそうなところ。

ただ、一つ思うに、楽器の扱いとオーディオの扱いとでは、条件が違い過ぎるんじゃないかとも思ったり。

お互い、どこまで参考にすべきなのか、ちょっと微妙な気がするような?

 

例えばの話、極太弦を低音フルブーストしてバカスカ叩きまくったり、とにかくジャリンジャリンのバッキバキのセッティングにして弾いたり、オーディオ機器でそんな扱いをしている人はほぼいないんじゃないかと想像します。

勿論、オーディオ界にも無茶な方法はあるのかもしれませんが、楽器の世界ではそれが無茶ではなく、当然として行われていることも多いんじゃないかと。

 

まぁ、それでユニット自体の寿命を著しく縮めている可能性もありそうですが、しかし、ちょっとした事でスッ飛んでしまうようでは、やはりお話になりません。

楽器の実際の音を知らなかったり、アンプによる大音量を聞いたことがなかったり、それでエージングはオカルトとは言って欲しくないかもしれません。

低能率なスピーカーをちまちま鳴らしているだけでは分からない世界があるはず。

 

特にベースは、単に低い音を出すだけでなく、強力な歯切れの良さも求められます。

スペック上レンジが広いだけなんて物では、気持ち悪くて弾いてられません。

倍音も豊富だし、下から上までしっかり高速に再生してくれないと困るわけです。

レスポンスの遅れなく、ズドーン!と音が出るものが気持ちいですし、楽器と自分の手とアンプと直結しているような状態が理想的かも?

 

そして本来、オーディオもそうあって欲しいように思えるところ。

元々の演奏とはかけ離れたものになってしまうのはあまりに悲しいし、そんな傾向にある高級機器などは自分はまったく欲しくないかなぁと。

 

故に、お高いオーディオ機器みたいになっている楽器もどうかと感じたりします。 

ダイナミクスだったり、希薄で誰が弾いても同じような音になったり、小奇麗な音しかしなかったり、そういった傾向にある物はやっぱり、エージングも実感しにくいと思いますし、そこから後づけのよく分からない方法で解決しようというのも苦しいはず。

 

個人的には、オーディオにしても楽器にしても、理想とする方向は同じかって気がするかもしれません。

そのまま「ドカーン!」と気持ちよく出てくれれば、それが一番良いかなと。

そして、それを実現するには、エージングが必要だと感じます。

 

ま~ほんと、ただ音を出してひたすら楽しめば良いのだから、これほど金もかからず合理的な話もないような?

短時間で実現しようなんてするから、話が変にこじれるんじゃないかと思いますし、そこにつけこむような商売なんかほっといていいのではないかと。

楽器もスピーカーも気に入った物と気長につきあうのが健全で楽しいはず。

 

そして、それで自分の好みや基準というものも、だんだんと出来上がっていくような気がします。

広告