ポングとベース

ベース楽しむ人生を

楽器のエージングはオカルトか否か?

「楽器は弾きこむ事で音が変わる」と、よく言われているものだと思います。

 

「扱いに慣れただけ!」とか「そんな事はありえない!」なんて意見もありそうですが、自分はエージングというものを信じている人間です。

と言うか、変わってなければ説明がつかないレベルの変化を経験している為、否定するのはどうやっても無理だと感じているところ。

 

音の変化をぜんぜん実感できないというのは、そういう楽器を使っているか、または、変化の起きない弾き方をしているのかと想像するところかもしれません。

 

組み上がったばかりのど新品のジラウドベースとかを弾くと面白いですよ。

最初の30分から数時間弾く程度でも、音の変化を実感できると思います。

こんな楽しみと快感があるのかとワクワクしてしまう。

 

数か月弾くだけでも相当な変化が起こる印象ですが、年単位で弾きこんでいくと、さらに凄いことになっていきます。

もはや完全な別物ってぐらいの変化が起こる可能性もありますし、これが分からないってのは、相当に耳かタッチがまずいって話になってくるかも?

購入最初はベースを大量にブーストしたくなったりするところ、時間が経つにつれその量がどんどん減っていき、最終的にはカットしたくなるぐらいの鳴りにもなっていくという。

 

「安定してないだけ!」とか「未完成品を売るのか!」とまで見る人も中にはいそうな気もしますが、そういった謎の曖昧な要素もあるのが醍醐味と言うか、楽器の深さってものなんじゃないかと思います。

 

弾きこむことで音が変わるのはなにもジラウドに限った話ではありませんし、ヴィンテージ楽器などに経年変化以上の何かがあるのも、理解できる話かもしれません。

どんな理屈なのか物理現象なのかは、正直まるで分かりませんが、まず頭で考えたり、「不明な要素だから切り捨てよう!」と言うのは、逆に不自然な気がするところ。

 

「弾けば分かる!聴けば分かる!

 

そのシンプルな感覚が人間らしくて良いじゃありませんか。

 

以前の生音の話ではありませんが、まず否定的な感情と反論ありきで構えるよりも、弾き手と楽器と一緒に成長してると考えた方が楽しいんじゃないかと。

楽器を育てる楽しみを知らず、すぐに手放したり入れ替えたり、それはもったいない話かもしれません。

 

ただまぁ、そういった心理を利用した明らかにオカルト的な商売や宣伝、詳細が一切不明なカスタマイズなど、そういうのは無視放置していいと思います。

自分が信じているエージングは、明らかなレベルだったからこそであって、「ちょっと変わった?何か良くなったかも?」という程度の話ではありません。

店側に何かしてもらったのではなく、自分が弾きこんだ結果だと納得もできます。

 

気分の問題程度の変化に大金を投じるぐらいなら、普通に練習でもした方が真っ当で健全。

求める理想も楽しみ方も人それぞれ好みの問題ですが、あまりに胡散臭いものには近づかないようにするか、ネタにするぐらいでいいと思います。

 

フェンダーの古い楽器が称賛されるなんてのは、最初から完成度が高かったこともあるはずですし、どうしようもない不良品のような物が長く愛され実用もされるとは考えられません。

 

それを弾きこんでいくからこそ、意味が生まれるんじゃないかと。

広告