ポングとベース

ベース楽しむ人生を

BagEnd S15X-D

色々と試してきた中で一番気に入ったのがこのスピーカー。

 

ウーハーとツイーターの同軸仕様なのがユニークで美味しいポイント。

全ての音域がスムーズに繋がると言いますか、妙な分離感が無くてナイス。

多弦ベースにおいては特に有効であり、威力を発揮する特性ではないかと。

 

15インチと大口径ですが、レスポンスが鈍重なことなどもありません。

むしろ、複数のスピーカーを組み合わせたものより良い感じ。

スピーカーが増えるほど音がボヤけてしまうような、妙な干渉が起こる印象。

 

逆に、もっと風が吹くような鳴り方や、色々混ざった複雑な音が好きなら物足りない可能性はあります。

そしてそれは、過激に効くツイーターや派手目な音が好きでも同様。

正直、固有の強烈なキャラクターは求めない方が正解な気がするかもしれません。

 

良くも悪くもモニター的と言うか、持っている以上のものは出さない印象。

サイズもほぼ限界までコンパクトにされていたり、実のところ、ベース用と言うにはかなり独特か、意外と特殊なスピーカーとも言えそうです。

 

しかし、大人しく引っ込んだオーディオ的な音とは違うのが面白いポイント。

 

楽器的な良いところとモニター的な良いところを美味しく両立している印象であり、ドカーン!と鳴らせばそのままドカーン!と出てくれるのが何とも素晴らしい。

 

ジャズ向きとかロック向きとか、そういった分け方をする必要がないと言いますか、プレイヤーが好きなように音を作って鳴らせばその通りに出てくれるものですね。

 

味も素っ気もなく硬質な音になってるPAスピーカーとも違いますし、アップライトやフレットレスのプレイヤーでも問題なく使えるはず。

ツイーターが好きじゃないならノンツイーターモデルを使うかハイカットすればいいし、来るもの拒まずな懐の広さとシンプルな鳴り方が非常に魅力的です。

 

どこまで参考になるか分かりませんが、このブログに上げた動画のほとんどは、このバグエンドを鳴らして撮っています。

f:id:bakibakibass:20170324024255j:plain

広告