ART SLA-2 パワーアンプ

f:id:bakibakibass:20170318140453j:plain

 

PA用パワーアンプ

 

JFDT-HAを鳴らすために購入したパワーアンプ。

 

と言っても、「これ!」って厳選したわけではなく、中古品を安く購入しただけだったりします。

 

それでも楽器用のものに比べれば、こちらの方がはるかに特性は素直で良いでしょう。

極端な味付けがされたアンプは好みではないので、PA用の物が自分には合っています。

耐久性や出力の問題を考えると、オーディオ用は選択肢から外れるかなと。

 

後、価格の面から言っても、手頃なPA用のものは助かるところ。

5万円もしないで数百Wのパワーアンプが手に入るのだから凄い時代ですよね。

 

ベーアンが嫌い

 

元々、ベースアンプに対する疑問というのを早い段階で持っていましたが、ジラウドの試奏システムを体験することでそれが確信に変わりました。

 

癖の強いアンプってのはもうそれ自体がエフェクターみたいな存在であり、そこで強制的にキャラクターが決められてしまうというのは納得がいかない話なわけです。

 

JFDT-HAを入手した当初、使っていたのはベース用のコンボだったのですが、当然、いくらプリ部をスルーしたとしてもその性能を活かせません。

 

改めてPA用パワーアンプとフルレンジなスピーカーを組み合わせた時は本当に感動しましたね。

 

ちなみにその時使っていたのは出力違いの『SLA-1』の方。

これも安価ですが変な癖のベースアンプとは比較にならなかった印象。

ART ( エーアールティー ) / SLA1

ART ( エーアールティー ) / SLA1

 

味付けなんかいらない

 

音ってのは好みの世界ではありますが、誰かが作った強制的な味付けによるものしか知らないというのは、かなり問題があることだと認識しています。

 

と言うか、いまだにそういったものばかりが溢れている現実に心底疑問を抱きますし、いくら何でも時代遅れすぎるだろってツッコミたくなる。

 

また、結局はラインの音がメインになったりする場合、凝ったベースアンプなんてものが必要なんだろうかと疑問にもなります。

 

シンプルにそのまま出してくれればそれが良いように感じますが、残念ながら、そこからかけ離れていたり、そんな環境ばかりという印象が強い。

 

なんにでもケチャップやマヨネーズをぶっかけたり、カレー味にしちゃうみたいな感じ。

 

自分のタッチで自分の音を鳴らしたい

 

ベースアンプならではの快楽的ドライブサウンドは確かに気持ちいいと思いますし、その音圧を背中で感じたり、バンドと一体になって全身で体感する魅力は素晴らしいものです。

 

それは自分も分かりますし、時代云々を超越した音を叩きだす存在もあることでしょうう。

しかしまぁ、そんな個性からも離れた中途半端なものについては、マジで何が良いのかさっぱり分かりません。

 

わざわざ楽器用に作って独自のキャラを売りにするなら、尚更、シンプルな方向に作ったがいい気がするんですけどね。

 

まともなプリアンプとパワーアンプ、そしてちゃんとしたスピーカー、こういう組み合わせを知らない人は一度試してみた方がよい。

 

ギター的価値観から適当に作られたシステムとは次元の異なるサウンドを体験できるはず。