JIRAUD JFDT-HA 究極のベース用プリアンプ

f:id:bakibakibass:20170316212150j:plain

 

ジラウドを語る上で絶対に外せないのがこのプリアンプの存在だと思います。

所有して軽く10年以上は経ちますが、いまだにこれを超えるものには出会ってません。

 

軽量小型だったり利便性の意味で惹かれるものも出てきてはいますが、やはり、音という一点については、どうやっても比較にならない印象。

 

これ以上のものを求めるのはもう無理だと悟り、まったく探す気も起きない次第。

 

しかし、具体的にどう音が良いのかと問われても、言葉にするだけでは困るところがあるかもしれません。

プレイヤーのタッチと楽器本体の音をそのまま増幅するだけという気がする為、人によってはつまらないキャラだと感じてしまう可能性もあります。

 

とは言え、これほど楽器的で活き活きした楽しい音がするものはありません。

ただ、「とにかく歪まずハイファイでクリアー!」なんて言っても、同じような売りのものは他にあったりします。

 

だけど、オーディオ的で平坦な物とは全く違う特性を持ってるから話が難しい。

結局、その圧倒的な解像度やレスポンスは、実際に弾かないと分からないんじゃないかなと。

 

まぁ、そういった具体的な分かりやすさで言えば、40V駆動によるJFDT-Cの性能が凄いのも確かだし、特に、スラップモードの驚異的なサウンドは他に類を見ない。

 

でも実のところ、それはあまり使わなかったりもするんですよね。

スイッチを入れ、ただボリュームを上げるだけってのがほとんど。

 

ツマミをまずセンターにフラットにとか、それすらやらないと言うか、そもそも、EQをスルーした状態が主なセッティングだったりします。

 

スピーカーもパワーアンプもまともなら、EQを通す必要を感じなくなります。

 

これを弾いちゃうとホント、楽器用アンプのほとんどがいかに安っぽく余計なことをしているか、そういったところに凄く冷めてくるものがあったり。

 

そしてそれは、パッシブ楽器を通すとより分かりやすくなる気がするところ。

 

インボードでもアウトボードでもその威力を感じるジラウド製品ですが、40V駆動になるこのHAではそれがさらに凄まじいことになります。

 

その恩恵をつまらないエフェクターやプリで殺してしまうのはもったいない。

 

そういった物の類がどれだけ音を痩せさせるか劣化させるか、一度体験すれば価値観がひっくり返るでしょう。

 

音抜けに悩んだり、機材探しに苦しむことなどが馬鹿馬鹿しくなります。

あれこれやればやる程、理想とは遠ざかっていくように感じてしまう。

エフェクターはあくまでエフェクターだと割り切る方が楽になるかも?

 

このプリアンプが無い人生は色々な意味でちょっと考えられないですし、すでに生産が終了してることを考えると、100万出されても手放す気にはなりません。

 

購入当時は本当にまったく貯金がないような状況だったけど、こうして財産になることを考えると安い買い物だったし、無理して良かったなと。

 

安っぽい言い方ですが、本当に一生の宝物ってやつですね。