ポングとベース

ベース楽しむ人生を

エレクトリック楽器の生音は無視すべきなのか?

「ソリッドボディとマグネットPUの楽器をアンプで鳴らす」

 

そこに生鳴りは関係ないという見方や意見もありますが、個人的には、とてもそうは思えないことが沢山あるように感じるところ。

 

最近のジラウドの中で言えば、PJ仕様のベースがまさにそんな印象。

PBボディかJBボディかの選択で、不思議なほどに出音の雰囲気が違ったりします。

PUやプリアンプを同じ仕様にしているにもかかわらず、なぜかそんな事が起きるという。

イメージそのままと言いますか、PBはPBの音がするしJBJBの音がします。

 

しかも、それは生音だけに限った話ではなく、アンプを通してもそうなのだから興味深い話。

と言うよりむしろ、アンプに通した方がそれがより際立ちますし、はっきりと分かると思います。

 

そして、同じような話を他の工房で聞いたことがあるのが、なんとも面白いところ。

 

その工房の店主がスペクターベースのファンであり、自社のJBをカスタムしてPUとその位置をスペクターと同仕様で作ってみたんだそうな。

しかし、出音のニュアンスや印象は不思議なほど、自分が作っているいつものJBのそれだったとか。

 

電気的な要素だけでは説明できない領域があるということでしょうか、ソリッドの楽器と言えどやはり、生鳴りの影響は絶対に存在するのだと思います。

エレクトリック楽器を生音だけで判断すべきではないのは確かだけれど、全くの無視を決めこむことが正しいとは言えないはず。

 

ネックやボディの振動と弦振動になんの関連性もないのであれば、なぜデッドポイントが発生するのか、サスティーンも変化するのか?

まったく同じように作っても個体差が生まれてしまうことに対する説明もつかないんじゃないかと。

 

マグネットPUが弦振動にしか反応しないと言うのは、個人的には共感できません。

百歩譲って、そういった考え方をするにしても、そうであればこそ、弦振動にもっと注目した方が良い気がします。

 

ボディとネックが弦振動にどんな変化をもたらすのか?

それによって音はどう変化するのか?

PUはそれをどう拾うのか?

 

こう考えると結局、初段階ですでに影響が発生してる気がしますし、やはり、無視を決めこむのはちょっと無理があるように思えるところ。

 

そもそも、ボディが鳴ることでマグネットPU自体が振動していたらどうなるのか?

その影響は明確に完璧に否定できるものなのか?

 

まぁ、断言することは自分には無理かもしれません。

ジャズベでもプレベでもPUが同じなら同じ音、ストラトレスポールスタインバーガーもPUが同じなら全部同じ音、そう考える方が無茶苦茶なんじゃないかと。

 

「不確定要素を排除するためにボディもネックも極力振動しないようにする!」

 

なんてコンセプトで楽器を作るのであれば分かりやすい話にはなりますが、ただ、これって、「エレキに生音は関係ない!」という理屈とは、似たようで異なる考えの気がします。

影響を認めているからこそ、そういうコンセプトが生まれるのだと思いますし。

 

エレクトリックと言いつつ、恐ろしいほどにアナログなのがこの世界。

 

その曖昧さにつけんだり、それで物を売りつけるやり方などには確かに嫌悪を感じますが、あまり意地になってお堅く否定してしまうのも面白くない気がします。

お堅くなるなら、それを確実に証明する理屈が欲しいところですし、結局は感情先行で否定しているのであれば、納得はできないかなと。

 

個人的には、得体の知れない奇妙で摩訶不思議な領域ってのがあるべきだと考えていますし、それがなんだかよく分からずとも、長く長く楽しんでいきたいと思っています。

 

その意味では、ボディがよく鳴ってる楽器の方が好きであり、弾いてて楽しく感じる次第。

広告