ポングとベース

ベース楽しむ人生を

JIRAUD W-BASSのプリアンプ JFDT-W

とにかく専用パーツが多いこのベース。

やはりと言いますか、プリアンプも専用の物が搭載されてます。

JFDTの名を冠してはいますが、1トーン仕様なので操作感覚は実にシンプル。

しかし、音作りの幅はかなり広く、驚く程に音色を変化させる事が可能。

 

ブーストすればハイとローが持ち上がると同時にミドルがカットされ、絞るとミドルが持ち上がりハイとローはカットされていきます。

帯域のポイントもJFDT-Cの方とは異なり、こちらはもっとディープでボトムが凄まじい印象。

とは言え、それも結局はセッティング次第であり、何もせずツマミがセンターのままでも十分に良かったりします。

 

この辺ついては、入力インピーダンスが1MΩなのが大きな利点だと思いますし、1PUの楽器に対しては特に効果を発揮するはず。

250kのポットなどを通してからプリに送るのとは異なり、1MΩ入力の恩恵をほぼ最短で直接受けられるのはかなり強力。

まぁさすがに、ジラウドの3.2MΩのバッファーとまではいかなそうですが、パッシブそのままに出力するのとは天と地ほどの差があるでしょう。

 

こういった高性能なプリやバッファによる効果を知りたいのであれば、ジラウドのメビウスPBなども弾いてみると面白いかもしれません。

なかなかイメージが出来ないかと思いますが、JBより圧倒的にハイファイで超ワイドレンジな音を体験する事が出来ます。

 

と、話してばかりでも何なので、ちょっとした動画でも。

極端な様ですが、ツマミをセンター、フル、0の順番で弾いてみました。

0までカットしてもスカスカになったりする訳じゃないのが面白いところ。

ジラウドはこの辺の扱いやすさと音痩せの無さが実に魅力的であり実用的。

積極的な音作りに使っても良いし、美味しいバッファ的に使っても良い感じ。

 

弾くポジションとタッチでアタックやサスティーンが激変するのも楽しい、実にアコースティックなエレクトリックベースだと思います。

www.youtube.com

広告