ポングとベース

ベース楽しむ人生を

JIRAUD W-BASSのボディ

W-Bassで特徴的なのはネックだけではなく、ボディも同様だと思います。

ジラウドならではの3Dシェイプの極致なのかもしれません。

弓奏に対応する為のカッタウェイが非常に独特。

 

同社の新型でニュークラインと言うバイオリンシェイプの物がありますが、ジラウドらしい形の意味では、W-BASSの方がそれらしい気もする様な?

基本的にはフェンダーJBの延長線上にあると思われるのが面白いところ。

見た目にはあくまでもエレクトリックベースの印象が強いんじゃないかと。

 

まぁそれ故に、このシェイプが弓奏に対してベストであるかどうかは分かりませんが、何れにせよ、弓で弾く事が可能というのは確かです。

 

EUBなどの場合、ネックだけみたいな構造になったり、ボディはオマケ扱いだったり、フレームや細いバーなどで演奏性を確保しようとしますが、このベースはストラップでごく普通に構える事が出来ます。

いつもの高さやフォームで弓と指とを両立するのはさすがに厳しいけれど、エレクトリックベースの演奏性を崩していないのは大きなメリットだと思います。

スケールも34インチで弦も普通のフラットワウンドですし、新しい楽器として一から何から身に着けるのより、感覚としては入りやすいはず。

 

また、こういった楽器として逆に珍しく感じるかもしれないのは、ボディが完全ソリッド構造であり、木材もアルダーのみというスタンダードな仕様。

アコースティック感を意識するあまり腰砕けだったり、ボワついて締まりが無い物とは異なり、非常にドッシリとした豊かなボトムと心地よいサスティーンが得られます。

当然、ハウリングに怯える必要も無いし、耐久性の心配もありません。

 

ポリ塗装でポップなカラーである事も面白いポイントではないかと。

f:id:bakibakibass:20170305003002j:plain

広告