ポングとベース

ベース楽しむ人生を

息抜きピッコロベース

ピッコロベースは賛否が分かれるところだと思いますが、【Brian Bromberg】のアルバムに衝撃を受けて以来、個人的にはけっこうお気に入りのアイテムだったりします。

 

そのブロンバーグのアルバム、完全にギターにしか聴こえないサウンドが飛び出てくるのですが、本当にギターは一切使ってないらしく、「ベースでこんな事が出来るのか!?」とその内容に驚くほかありませんでした。

 

あのサウンドとプレイはほんと、6弦ベースの高音域を駆使するとかそういう類のものではなく、ギターまんまと言ってもいい気がするその痛快さと潔さに惹かれる次第。

 

自分は基本的には、普通にベースを弾くのが好きな人間ですが、まぁ、妙なことをやるのもけっこう好きな方です。

たまにはくだらない遊びをしたくなったり、新鮮な気分を取り入れたくなったりします。

そんな時、ピッコロベースを弾くと非常にいい感じで楽しい。

 

「ギター弾けばいいじゃん!」というツッコミを受けそうな気もしますが、正直な話、ギターは全く弾けないんですええ、驚くぐらいに弾けないんです。

 

ベースで悪さをした方が早いってぐらい、どうにもならない。

 

後、感覚が狂ってしまうのが嫌で弾きたくないというのもありますし、弦間とかスケールとかギターに馴染むのが怖かったり、とても両立できる気がしません。

それならまぁ、ピッコロベース弾いてた方が気楽でいいなと。

 

そんなわけで、実際にピッコロベースを弾いた動画でも一つ。

 

かなり以前に撮ったものですが、アリアの5弦とベリンガーのV-AMPを使ったような覚え。

チューニングはEADGCで、ハイCの5弦のオクターブ上だったかな?

記憶が曖昧で申しわけないですが、とりあえずバッキングもソロもベースでやったのは確実です。

 

以下がバッキングの動画。

www.youtube.com

 

pompombass.hatenablog.com

 

広告