ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud 微電流用トグルスイッチ

「何もそんなところまで・・」と思う様な気もするこの部品。

 

しかし意外な話、実はジラウド初のオリジナルパーツはこれみたいです。

電源スイッチに使われる様な物が平然と楽器に使われてる事に憤慨したそうな。

劣化してるからこそとか好みがどうとか、それ以前に選択肢すら無かった様子。

 

信号を如何にロス無く届けるか、それを真剣に考えるからこそ、一つ一つの要素を見直したり、そこに対応していくのは理に適っていると思います。

理屈を考えれば当たり前な話の様であっても、まぁ何故だか、放置されてる部分ってのが意外とあるものなのかもしれません。

 

インピーダンスの処理などに関してもそうですが、高級ハンダだのコンデンサーだのに拘ったり、そういう問題で解決するとは考えられない気がします。

厳選した材料を活かしたいのであればこそ、しっかりやるべき事があるのではないかと。

ツマミやスイッチを増やせば増やす程、実は理想から遠ざかっていくなんてのは笑えない話ですが、無神経に適当に部品を増やすだけだったら、そりゃ良くはならないよなと。

ジラウドにもシリーズorパラレルと切り替え可能なハムバッカーはありますが、配線を無闇に引き回す事を嫌ってか、PU本体のカバーにスイッチを付けていたりします。

 

ジラウドのなかなか目に映らない拘りや良い仕事は本当に色々あると思います。

ベース専門店初のオリジナルパーツがただのミニスイッチというのが面白い。

ある意味、これほどジラウドの姿勢を表している物も無いのかもしれません。

 

例えごく小さな部品であっても、音への影響があるならそこをちゃんと見直す。

欲しい物を作る、無い物は作る、良い物を作る、凄く分かりやすい話だなと。

f:id:bakibakibass:20170223220251j:plain

広告