ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウドベースのボディ裏をチェックすると

地味な拘りを感じるポイントがジラウドには幾つも存在しますが、最小限で実用的なコントロールキャビティもその一つかと思うところ。

自社製のオリジナルポットのコンパクトさなども含め、極力、ボディに穴を開けない様にしている印象。

それが鳴り方にどれだけの影響をもたらすのかは分かりませんが、しっかり詰まっているのは確実なんじゃないかと思います。

 

ボディ下部が軽くなって重心が変わるのは頂けないし、不要な共振が発生したり、バランスの悪い鳴り方になっても困る話。

それが絶妙なサウンドを生む可能性になりそうなのも否定は出来ませんが、計算外の不確定な要素が多くなってしまうのはどうかって気がします。

 

ハイエンドと呼ばれる価格帯の楽器で大穴が開いているの見るとまぁ、何かこう、モヤモヤすると言うか、ガッカリ感がある様な。

最初からそういった軽量化やホロウ要素をユーザーが求めているならともかく、無闇にコントロールキャビティを大きくするのはどうかと思う次第。

せっかく良い木材を使っていても説得力が無くなってしまう様に感じますし、派手な化粧材とか凝った木工をアピールしておいて裏には大穴開いてるとか、ちょっと勘弁してくれと。

それホントに高級な楽器なんかいなとツッコミたくなるかも?

 

例えばの話、凄い良さそうなオールドの裏にでっかいブラスチックのパネルとかあったら、たぶんガッカリするはず。

f:id:bakibakibass:20170222020255j:plain

広告