ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウド メビウスシリーズ 定番の魅力

フェンダーシェイプが好きならメビウスシリーズの出番かもしれません。

やはり、50年以上も親しまれてきたスタイルには、それだけの理由がある気がします。

 

中学時代からアンチフェンダー・アンチサンバーストな人間だったんですが、結局、その魅力にやられてしまいました。

ジラウドのオリジナルシェイプの楽器と比べ、デッドなど弱点を感じるのも確かですが、それゆえに何とも楽器らしい味わいがあると言うか、不思議な魅力を持ってるように思います。

 

完璧だから正しいという訳でもなく、単純比較のできない世界だから面白い。

 

とは言えこのメビウスシリーズ、フェンダーシェイプそのままという事ではなく、ディープジョイントを採用していたり、ジラウドならではの要素がしっかり入っています。

特にフレットレスは一味違い、贅沢な仕様になっていて良い感じ。

 

フレット抜いただけとか、フレットが無いだけなんてものではなく、それ専用に指板の厚みが変更されているのが美味しいポイント。

駒を無駄に下げる必要がなく、テンションバランスの違和感も少なく弾きやすい。

セットアップ的なメリットも大きいですし、鳴り方も確実に異なるのではないかと。

 

安易なコピーで満足するのではなく、ちゃんと実用的に作られていることが分かります。

そのバランスの良さや安定感など、使ってみて初めて分かるかもしれません。

 

今も昔もフェンダースタイルの楽器なんか幾らでも溢れていますし、一見は同じようにも見えてしまいすが、そこはジラウド、その「らしさ」やこだわりがしっかり詰まっている。

 

後、意外と選択肢が豊富なのも大きなポイント。

超ハイファイ仕様にするも良し、渋くパッシブサウンドを追及するも良し、使用するシェイプやPUなどは同じようでも、全く異なる楽器にできるから面白い。

 

中には極太ネックのJBなんてのもありましたが、これがまた良かったり。

最近ではPJ仕様も新たに加わり、さらにバリエーション豊富になっています。

 

また、フェンダー系ならではと言うか、ピックガードなどで印象を変えるのも楽しかったり。

いかにもジャコな雰囲気を変えたい時とかにこうすると、また気分が変わって良い感じです。

f:id:bakibakibass:20170219115317j:plain

広告