ジラウド メビウスシリーズ ジャズベとプレベ 定番の魅力

f:id:bakibakibass:20170217131106j:plain

 

安心・定番

 

フェンダーシェイプが好きならメビウスシリーズの出番でしょう。

50年以上も親しまれてきたスタイルにはやはりそれだけの理由があります。

 

自分のことを言うならば、中学時代からアンチフェンダー・アンチサンバーストな人間だったんですが、まぁ結局、その魅力にやられてしまいました。

 

フェンダーシェイプの場合、デッドポイントがあったりアンバランスだったり、弱点を感じるのも確か。

でも、それ故になんとも楽器らしい味わいがあると言うか、不思議な魅力を持っていたりするから面白い。

 

完璧だから正しいというわけじゃなく、単純比較のできない世界だから奥が深いですね。

 

ただのコピーなわけがない

 

一見は普通なこのメビウスシリーズ。 

 

しかし、そこはジラウドと言うか、フェンダーそのままということではなく、「らしい」要素がしっかり詰まっています

 

オリジナルの回路はもちろん、ディープジョイントによる鳴りやバランスの良いサスティーンなど、ジラウドベースでしか味わえないものだと言えるでしょう。

 

特にフレットレスについては、一味違う贅沢な仕様になっているのが素晴らしい。

フレットを単に抜いただけとか、フレットが無いだけなんてものではなく、それ専用に指板の厚みが変更されているのが美味しいポイント。

 

駒を無駄に下げる必要がなく、テンションバランスの違和感も少なく弾きやすい。

セットアップ的なメリットも大きく、鳴り方も確実に異なる。

 

そのバランスの良さや安定感など、実際に弾いてみて初めて分かるんじゃないかと。

安易なコピーで満足するのではなく、ちゃんと独自のこだわりを持って実用的に作られていることを感じとれるはず。

 

今も昔もフェンダースタイルの楽器なんか幾らでも溢れていますし、一見は同じようにも見えてしまいすが、やはりジラウド、普通なようで普通ではないところが満載。

 

選択肢が豊富

f:id:bakibakibass:20170219115317j:plain

 

「ジャズベとプレベ」と、大まかに分けてしまうとちょっと淡泊なようですし、キャラもほとんど決まっているようなイメージをしてしまうかもしれません。

 

しかし、回路的なことを含め、意外と選択肢が豊富なのがジラウドのポイント。

 

超ハイファイ仕様にするも良し、渋くパッシブサウンドを追及するも良し、使用するシェイプやPUなどは同じようでも、まったく異なる楽器になるから面白い。

 

中には極太ネックのJBなんてのもありましたが、これがまた良かったり。

最近ではPJ仕様も新たに加わり、さらにバリエーション豊富になっています。

 

また、フェンダー系ならではと言うか、ピックガードなどで印象を変えるのも楽しいところ。

いかにもジャコな雰囲気を変えたい時など、オプション次第でまた気分が変わって良い感じ。

 

ジャコ丸出しだとリアPUに全振りしたくなるけど、サンバーストにべっ甲のピックガードだと、バランサーをもっとセンター寄りにしたくなるから不思議。

 

気のせいっちゃそれまでなんですが、その「気」を簡単に変えられるのも、フェンダースタイルの楽しさですね。