ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ネオパッシブで遊ぶ

※まとめ版。

www.pompombass.com

 

ネオパッシブの魅力は自然で甘い音や渋い音だけではなく、実は、積極的な音作りにも対応出来るところだと思います。

PUからの信号を劣化なく出力できる様になる意味は本当に大きいと感じます。

 

ちなみに、ジラウドのバッファの入力インピーダンスは3.2MΩ。

 

パッシブの楽器に使用されるポットは大体250kΩか500kΩ、同社のJFDTやメビウスなどのプリでも1MΩと考えると、ま~、どれだけハイインピーダンスで受けてるのかが分かるというもの。

そのバッファにPUからほぼ最短で通すのだから、そりゃ凄い事になります。

 

と言っても、マグネットPUは所詮マグネットPU。

 

それだけでピエゾみたいな音になる訳ではありませんし、超ワイドレンジになる訳でもないのが現実。

いくら高性能なバッファを通しているとは言え、ブーストも何もせずそのまま使うのであれば、案外、出音自体は普通かもしれません。

ただ、それ故に馴染みやすく扱いやすくもあるし、変に欲張る必要は無く、無理な加工なども必要ない気がします。

出力は確実にローインピーダンスになってるんだけど、何ともパッシブらしい味わいと飾らない実用性があるのが美味しいポイント。

 

しかし、良い子ちゃんぶったり、そればかりでは面白くないし、何か悪さをしたくなるのが人というもの。

エフェクターを使ったり派手な音作りをするのはやっぱり楽しいモンです。

 

そこで前述の通り、ローインピーダンス出力化してる事が活きてくる訳ですね。

 

そのままの音では地味な様でも、後付けする物の効果が大きく異なります。

エフェクターは勿論、EQの効き方がとにかく違う違う。

ジラウドのフルチューンなどを弾けばそれがすぐに体験出来ると思いますし、ネオパッシブにスラッパー等を通してもその真価が分かるかもしれません。

「ベースの音ってこんなに凄いものだったのか!」と驚かされます。 

正直なところ、動画などではそれが一割も伝わらない気がするのが本音。 

まぁ、あれこれ考えたり調べるより、実際に体験するのが一番です。

 

と言ってるばかりでも堅苦しいので、ネオパッシブならではの遊び動画でも。

パッシブトーンを全部カットして甘い音を出した後、スイッチでパッシブトーンをスルーして派手な音を出す様にしてみました。

外部のJFDTは最初からスラップモードにしてあるんだけど、パッシブトーンを使用すればその状態でも関係なく音を甘くする事が出来る訳です。

 

両極端なサウンドを瞬時に切り替え可能なのだから面白い。

www.youtube.com

広告