ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウドのPU位置

これまた驚く程にごく普通な感じだったり。

 

60年代のフェンダーJB、PB、ミュージックマンのスティングレイなど、この辺りの本当にスタンダードなPU位置に設定されているはず。

一部に例外もありますが、基本的にはフェンダー系のそれだと思います。

新鮮味は無いかもしれませんが、それだけに安心するポイントでもあるかなと。

 

先日の多弦の話ではありませんが、変化球を狙うとどうしても音は崩れがちになるのが難しいところ。

それを個性と捉えるか可能性と見るか、好みの問題ではありますが、個人的には、フェンダーから完全に離れてしまっている物は苦手な印象。

正直、70年代JBぐらいの変化でもあまり好きになれなかったりします。

そして恐らく、そういった人も結構いるんじゃないかと想像。

 

あれこれ試行錯誤したり色々手に入れてきて辿り着いた結論、結局は昔ながらのフェンダーのPU位置が実用的でバランスも良い気がする次第。

特にJBについてはホント、フロントでもリアでもミックスでも、ちゃんと使える音が出てくれるなぁと。

 

一方、トータルも何も考えず、「とりあえずハムを2つ載せておけば太い音が出るだろう!」なんて感じに作られた物は、出音もよろしく事が多い印象。

そう考えてしまう気持ちも何となく分かりますが、現実はそんな甘くないから楽器って難しい。

実際には干渉しまくったり、それで音が痩せたり抜けなくなるから面倒くさい。

2PUのミックスというのは想像以上に複雑であり、実用化が難しい問題なのかもしれません。

いくら木工技術を駆使したところで、電気的な部分を疎かにすれば酷い事になる訳でして、まぁやっぱり、『エレクトリックベース』なのだから、そこを無視してもらっては困る話ではないかと。

 

アンチフェンダーだった身としては、定番に抗いたくなるのも分かりますが、新たなPU位置を研究したり追及するのはやはり、一筋縄ではいかない事だと思います。

それで苦労するより、普通に練習したりセッティングを詰めたり、そうした方が健全だなぁと疲れ果てたかもしれません。

もう「レオフェンダーは偉大だった!」って結論で良い気がしますし、ジラウドが自分に合う大きな要因の一つもここにあるのだろうと考えます。

 

「定番になるにはそれだけの理由があるんだな・・」と悔しくも納得。

広告