ポングとベース

ベース楽しむ人生を

JIRAUD JB-05 5弦用PU

多弦歴の方が長く、楽器の買い替えも多かった自分。

 

ジラウドとは別件ですが、オーダーなどで非常に困ったのは、好みの多弦用PUが見つからなかった事かもしれません。

 

「やっぱり4弦の方が気持ち良い音がする」と感じる人も多い事かと思いますが、楽器そのものの鳴り方の他、電気的な特性も強く絡んでいる気がしてなりません。

「何でこんなパンチが無いのか?抜けてこないのか?バランスが悪いのか?」そんな印象で多弦に対しガッカリする人も多いはず。

 

バキーン!と気持ちよくスラップ出来る多弦ベースはなかなかありませんし、新品弦の倍音が美しく力強く響く多弦って悲しい程に存在しないなぁと。

 

先日も話しましたが、スタンダードな方向性からは離れていくPU、その大体の傾向において、自分の好みと合わなかったりするから参ってしまいます。

 

とにかく高域特性が悪く癖も強い物ばかりだったり、ニュアンスも付けにくい。

お約束とばかりに使われる定番のプリと組み合わせるのも食傷気味。

 

「シングルコイル=レンジが広くクリアー」なんて単純な話がある訳もなく、望んだレンジやレスポンス、音抜けからは程遠い物がほとんど。

 

「単体では奇麗な音がする様でもバンドや大音量では存在感が無くなる・・・」多弦にはそんなパンチも表情も無い残念な物が多い気がします。

 

そもそもパッシブでも使う気になれる多弦がどれだけあるものか?

そこに明確な答えがある様にも思えるかもしれません。

 

ジラウドの5弦はその点において非常によく研究されている印象。

PUについても、単純に弦一本分増やしたなんて手抜きな作りではなく、5弦でも気持ちよく音が抜けてくるし、レンジも広く実用的。

安易に個性を主張したり、妙な癖を押し付けてくるPUとは、全く違うかと思います。

 

今や5弦ぐらいでは多弦とは言わない時代になってきた気もしますが、それだけに、スタンダードな方向をもっと見直し研究した方が良い様にも感じるところ。

普通である事はつまらないかもしれませんが、気をてらった変化球が前提だったり、そっちを主とするのもどうなのかなと。

 

アルニコとエナメル線でごく当たり前に作られた5弦用PU。

欲しい物があるというのは、ま~、素晴らしい事だなと。

広告