ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウドのPU

ワイドレンジとかハイファイでクリアーなんて言った場合、恐らくはヴィンテージとは真逆なイメージをするのではないかと思います。

そして、ジラウドにそんな印象を抱いている人も少なくないはず。

しかし、実際のところは、意外な面も多かったりする印象。

 

PUに関してもその実、驚く程に昔ながらな感じの物なのかもしれません。

アルニコとエナメル線によるPU、それだけ聞くと何ともスタンダード。

しかも、出力を欲張ったりブランドを過剰に主張する癖を付ける訳でもなく、むしろ、昔のフェンダーに近いと言ってもよいぐらいに思えます。

 

オールドのコピーが自慢なんて感じのPUもよくありますが、大抵は妙な癖があったり、何故だか安っぽい味付けがしてあったり、そんな物が多いから残念。

で、新時代系と言うか、独自性を売りにしてる物に関しても、あまり良い印象が無かったり。

何だか薄っぺらかったり、小奇麗にまとまっててつまらなかったり、新時代どころかレンジが狭かったり、パンチもガッツも無かったり散々な事も。

ヴィンテージの再現や進化どころか、コストダウンして退化なんて話は勘弁ではないかと。

 

そんな中でジラウドのPU、非常~に貴重な存在だと思う次第。

楽器の素性と弾き手のタッチに気持ちよく答えてくれるのは勿論、各弦の音量バランスなども良く、妙なノイズの心配なども無いかなと。

 

ジラウド独自のプリによる超絶サウンドのインパクトは確かに凄いかもしれませんが、それもまぁ、複雑な要素が上手く噛み合ってこそ実現する様に感じるところ。

楽器本体は勿論、PUまでどうしようもないのでは本末転倒ですし、プリにどれだけ凝ろうとマイクがオンボロなのでは、その効果もたかが知れている気がします。

シンプルなPUは扱いが難しくなる面も確かにありますが、見せかけの声量を得ようと無暗にパワーを上げるのは好みではありませんし、弾いたそのままが出るって方が個人的には好きです。

よくある「ローノイズでワイドレンジだけど誰が弾いても同じ様な感じ・・」なんて物とは異なり、心地よい荒っぽさと味わいがあるのも美味しいかなと。

 

過激なスラップサウンドだろうが、ローファイで甘くイナたい音だろうが、それを弾き手が自由に簡単に選択出来るのが素晴らしいところ。

やる事によっていちいちPU交換なんて考えずとも、タッチとセッティング次第で驚く程に音が変わります。

広告