ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウドは弾いてなんぼな楽器だと思う

「弦高が高くて弾きにくい!じゃあ駒を下げよう!」

 

これは楽器が鳴らなくなる典型と言いますか、やらない方がいい印象。

適切な駒の高さを見極めるのは重要なポイントである為、ジラウドに限らずどこの工房であろうと、いきなり駒をベタベタに下げるという事はほとんどしないと思います。

たとえ超低弦高にするにしても、まずはネックを調整するなり、他にやるべきことがあるはず。

 

何も考えず、「駒を下げれば解決!」なんてことは、まず無いんじゃないかと。

 

ナットの方も同様と言うか、調整がいいかげんだと本当に弾きにくいです。

「バズが出るのは嫌だ!」ってことなのか、溝の調整がいまいちな物がけっこう多かったりするから困りもの。

もちろん、このへんは好みの問題ではありますが、楽器店や作ってる方の都合を優先して無神経に放置するのは勘弁な話。

 

「Fが押さえられない!」なんて話がギターの世界にいまだにあるのかと思うと、正直、かなり微妙な気分にさせられます。

 

その点、ジラウドベースって、意外なぐらいナットの溝が深かったりもします。

 

押弦に対するストレスが少ないですし、ピッチに対しても良い影響があると思われます。

無暗やたらに根性論で弦高を上げれば良いというものでもありませんし、やはり、このへんはちゃんとしたプロのプレイヤーが作ってる楽器だと感じるところ。

テンションバランスなどへのこだわりなども、実際に演奏するからこそ分かるものであり、弾いていて心地よくストレスを感じないってのは、本当に大切なことではないかと。

 

毎日弾いていく上であれもこれも我慢したり、「これも練習だ!自分の力不足だ!」と理想を遠のけ、無理に苦行を求めるみたいなのはどうなのかって気がします

 

特に目的があるわけでもなく闇雲に弾きづらくしても、大した意味はないはず。

かえって変な癖がついたり、感覚が狂ってしまう可能性もあります。

 

一本道に特化した楽器やセッティングも良いですが、異常にバランスが悪かったり、音も抜けてこなかったり、完全に実用外で個性まで潰してしまうほどの欠点があったら辛い。

「味わいがある!」で済ましたり目をつぶるのは、現実的にはなかなか難しいと感じるところ。

大袈裟にしてあったり、基本から崩した物を使うのも確かに面白いけど、ちゃんとした目的と整合性のあるものに触れてみることにも、価値があるはず。

 

ジラウドベース、実は本体にこそ魅力がたっぷり詰まってる楽器ではないかと思いますし、その全ての要素が弾き手のために存在すると言っても過言ではないかもしれません。

 

弾いててこんな楽しく厳しく使える楽器は、そうそう存在しないんじゃないかと。

広告