ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウド ブリッジ位置と調整 テンションバランスなどについて

ジラウドから感じる地味なこだわりポイントの一つ、それがブリッジの取りつけ位置だと思います。

 

バダスあたりが搭載されていると、見た目にも分かりやすいかもしれません。

スパイラルタイプの物などからそのまま交換するのとは、明らかに異なる場所にあります。

ボールエンドから駒までの距離をなるべく取るように出来ている、つまり、駒をなるべく前に出せるように配置されています。

 

これは弦の裏通しなどにおいても効果的らしく、逆に、穴から駒までの距離が近すぎるような物の場合、色々と不都合が起こる印象。

 

前の記事でも話しましたが、太い弦を無理に曲げるってのは、相当に辛い方法なんじゃないかと。

あまりにひどいとピッチにも影響が出ますし、肝心のテンション的にも効果が微妙だったり良いことがない。

スムーズに弦が張れなければ、鳴りに対するメリットも薄くなったり、極太のフラット弦などにおいては、目も当てられない事態にすらなりかねません。

 

そんなブリッジ位置に加え、もう一つこだわりを感じるのが、駒の高さの調整。

 

律儀なまでに指板のRに合わせて調整するなんてことはせず、右手のタッチと感覚を優先する印象。

どの弦でも同じぐらいの張りを感じられるように調整していった場合、自然と高音弦側は下げ気味になり、低音弦側の方が上がり気味になっていくはず。

こうすることで各弦ごとの弾き心地の違和感が減り、非常にスムーズに弾くことが可能になります。

 

まぁ、人によってはこんなことは常識なのかもしれないし、そこまで特別な話でもない気はしますが、しかし、このへんの感覚が意外と無視されてる物があったりするのも現実。

たとえ高級な楽器であっても、無神経にそんな状態だったりもするから、困った話です。

 

酷いのになると、明らかに音詰まりしてたり、弦がベロベロになってるにもかかわらず、頑ななまでに指板Rに合わせようなんてこともあるから恐ろしい。

安易にスケールを伸ばしたりなんてしなくても、やれる事はあるはずですし、また、弦のような消耗品に特殊な物が必要になると、それの入手で痛い目にあう場合もあると思います。

 

楽器が特殊になると、それだけ弦の選択肢も減ったり、安定して手に入れるのが難しくなったり、このあたりのリスクについて、もう少し語られてもよい気がするところ。

 

34インチとかスペック的には普通だけれど、ちゃんと仕事がされていて実用的。

当たり前のようですが、これって実に素晴らしいことではないかと。

広告