ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウド ヘッドデザインとテンションバランス

f:id:bakibakibass:20170202130439j:plain

 

正しいかどうかはともかく、「テンションバランス」って言葉のニュアンスはよく分かりますし、非常に重要なポイント。

高音弦はやたら硬くて低音弦はボヨンボヨンとか、個人的には弾きづらくてしかたないです。

 

昨今、低音側と高音側でスケールが違う物を見かけるようにもなってきましたが、あれもそのへんの都合と、解決目的のためにあるものなのかもしれません。

斜めのフレットになかなかのインパクトを感じますし、弾いてみると意外と違和感がなかったりすることを考えると、ただのハッタリではなくちゃんとした根拠を感じます。

ただ、正直言って、自分の好みとは違いますし、あれに完全になれた体を今からつくるのも辛い。

 

そんなテンションバランスについてですが、ジラウドはその辺、かなりうるさいんじゃないかと思いますし、ヘッドデザインに対するこだわりも相当なもの。

特に5弦などについては、ナットからペグまでの距離などもよく考えられている印象。

適切なペグ位置の設定というのは、ローB弦のような極太弦に対する影響力が本当に馬鹿になりませんし、実際、他の楽器で痛い目にあったことがあります。

 

また、弦をまっすぐ張れるようになっているのもポイントだと思うところ。

物によっては、弦に変な角度がつき(ヘッド角やテンショバーとはまた違う話)、ナットからペグまでの間に斜めになってしまったりもしますが、あれは勘弁して欲しいです。

 

ベース弦は太いです。そこがギターとは決定的に異なります。

単純な話なんですが、残念ながら、意外と考慮されてない物があるのが悲しい。

極太弦を無理に曲げたり、無意味に窮屈に角度をつけたりするのは、けっこうキツい話。

 

ジラウドのオリジナルシェイプの楽器はヘッド角をつけていますが、現実的な範囲で実用的にできているように感じます。

 

まぁ、角度をつけず、弦にストレス(?)を与えない方向を好む人もいる為、このへんは完全に好みやスタイルの問題になりそうですが、個人的には、ある程度の角度は欲しいですし、テンションバーを使用したりするより、ヘッド角をつける方が好きだったり。

 

「張りがあって弾きごたえのある物が良い」「しっかりボディを鳴らしたい」、そんな好みの人だったら、ヘッド角があった方が合うんじゃないかと。

 

適切なペグ位置とあいまって、楽器の鳴りに大きく貢献してくれるはず。

 

pompombass.hatenablog.com

広告