ジラウドのディープジョイントに慣れてみよう

ディープジョイントに慣れてしまっている自分。

面白いと言うか皮肉と言うか、「最終フレットまでスムーズ!」って感じの楽器の方が落ちつかなくなってたりもします。

 

「感覚が狂うからカッタウェイは入れないで欲しい」

 

なんてウッドプレイヤーの声をエレクトリックアップライト(EUB)のレビューなんかでも見たことがあります。

 

ああいった気づかいみたいなものが、必ずしもプラスになるわけではない様子。

結局のところ、最初からそれならそういう物だと受け入れてしまうのが人間なのかも?

 

ただまぁ、最初からジラウドを選び、しかもそれ一本で行くなんてのは超がつくほどのレアケースでしょう。

やはり、どうしても慣れと練習が必要だとは思います。

 

しかし、それさえ越えてしまえば後はしめたもの。

ディープジョイントならではの恩恵は素晴らしいですし、長い演奏生活をおくる上においても必ずプラスになるはず。

 

親指を過剰に使ったり、握力に頼ったフィンガリングではなくなってくる為、腱鞘炎などそういった怪我に悩まされてる人にも効果的。

 

左手が強くなってくれば、低弦高のペチペチ状態にしないでも済むようにもなりますい、計り知れない恩恵があるのではないかと。

 

そんなわけで、ハイポジションの練習動画でも。

 

www.youtube.com

 

ちょっと大袈裟にも見えそうですが、ネックを握らず親指は放りだす感じで弾いています。

 

普通のジョイントに慣れている場合、とっつきにくいのも確かですが、地道に練習していきさえすれば、問題なく弾けるようになります。