ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウド フルチューン 全開セッティング

派手なサウンドのイメージがありそうな『JFDT-C』ですが、地味~に渋く使っても本当にいい感じです。

 

しかし、そのイメージどおりのブーストしまくり快楽的サウンドが捨てがたいのもまた事実。

大体のプリやエフェクターの場合、ボワボワに飽和してしまったりグッチャグチャな音になったり、まったく使い物にならず終わりそうなところ、このJFDT-Cなら、極端なセッティングでも崩壊しない印象。

 

まぁ、そのへんは本来、楽器本体、タッチ、アンプと色々トータルで考えるべきなので、電気的な部分だけで何とかしようと言うのは、そもそも間違いな気もします。

 

が、JFDT-Cはその使い方さえ分かってくれば、本当に頼りな存在になってくれるはず。

的確な補正だけではなく、ド派手なサウンドづくりにも対応してくれます。

 

動画ですがセッティングは下記参照。

音割れしてるのはカメラの都合なのでご勘弁を。

ちなみに、実際のサウンドは動画よりも更にエゲツないです。

 

前半はプリスルー。

後半はプリオンのスラップモード+EQも全開+内蔵ミドル全開+タッチも荒く。 

www.youtube.com

広告