ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウド フルチューン

自分のメインベースはジラウドで言うところのフルチューンになります。

 

バッファを二つ内蔵したアクティブバランサー+JFDT-C(内蔵プリ)というほぼ最速の仕様。

PUからの信号を劣化なくそのまま出力してると考えれば、話は早いんじゃないかと。

 

まぁ、劣化がないとかって話は、よそでもよく語られている事ですが、ジラウドベース以上にそれを追求したものを自分は知りません。

ベース本来の音がどうとか色づけがないとか、その大体は嘘っぱちな印象。

余計なものを通して悩んだり遠回りするぐらいなら、パッシブの方がマシですね。

 

自分のタッチやニュアンスをそのまま出したいと考えた場合、このフルチューン仕様は素晴らしい力を発揮してくれます。

帯域を無理に持ち上げる必要も感じないし、やるにしても、その音づくりも扱いも凄く楽。

最初から十分な信号が出力されているからこそ、ぐだぐだのブースト地獄とかに陥らなくて済みます。

 

と言いつつ、ブーストしまくりのセッティングも非常に魅力的。

異次元の領域に足を踏みいれるのもそれはそれで快感だったり。

そのへんは弾き手が好きなようにすればいいし、その自由度が素晴らしいなと。

 

www.pompombass.com


広告