ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ベース話

ジラウド パッシブトーン (再)

前回の通り、過去記事の修正をしています。 今回は自分のメインベースのパッシブトーンの話について。 まだ短く書いてる時期なので修正するのも楽ですね。 このパッシブトーン、最近はリアにも追加しようかどうしようかと悩んでいます。 「一本で何でも!」…

過去記事の手直しをしていきたい

ブログ開始当初、「ま~、どうせ続かないだろ!」なんて思ってたのが正直な話。 しかし、予想に反してと言うのも変ですが、今では200記事を軽く超えてしまいましたし、まだまだ続けてみようかと思っているのだから、分からないものだなぁと。 自分の中に…

ベースと左手 多弦の練習におすすめ バックワード・モーダル・アプローチ

ドリームシアターのジョン・マイアング(個人的にはミュング)。 彼が教則ビデオで紹介していたこの練習方法が今でも大きく役に立っています。 6弦を始めたての頃、毎日のように指が迷子になっていましたが、それを克服するためにも非常に有効な方法だった…

ベースと左手 短いスケールへの偏見について物申してみたい

今のベースがメインになって7年か8年、これ以上の一本はもう無いなと思う一方、まだちょっと興味のある物もあったりします。 その中の一つがスケールの短いベース。 左手をテーマとして考えた場合、かなり重要にもなってくる要素ではないかと。 しかし、そ…

ベースと左手 異弦同音の妙 多弦ベースの泣きどころ?

例えば、4弦の12フレットと2弦の2フレットは同じ音程になる訳ですが、当然、音の太さや聴こえ方は全く違うものになります。 この辺の選択と使い分けが上手いと一味違ってくると言うか、シンプルなフレーズでも格好良く効果的に聴かせる事が出来る様になって…

ベースと左手 右手がもたらす影響などについて考える

縦振動に関する話で以前触れた事がありますが、左手の運指をより楽に確実なものにする為には、実は右手のタッチも非常に大きく絡んでくると思うところ。 例えば、あえて押弦を弱くしてみて、右手の方は弦を強く引っ張る感じでゆっくり弾いてみると分かりやす…

ベースと左手 昨日の内容を試してみる

長々喋ってばかりなのも何なのでちょっと動画でも。 先日の話を意識しながら速く弾いてみようと思った次第。 www.youtube.com まだあまり勝手が分かっていない為、左手と右手のタイミングなど色々とグチャグチャな状態ではありますが、とりあえず、以前より…

ベースと左手 速く滑らかに弾きたいなら指は動かさない方が良いんじゃないかって疑問

個人的に脱力の権化みたいな存在だと感じているリチャード・ボナ。 ま~、ボナさんのあのプレイを見て、指がバタバタしているとかガチガチに力んでいるとか、そう認識する人は皆無なんじゃないかと。 高速なフレーズでも恐ろしいほどスムーズに弾き切ってし…

ベースと左手 指を立てる事をどこまで意識すべきなのか

「指を立てる」というのがどのぐらいのことを指すのかよく分からない為、自分が指を立てる方なのか寝かせてる方なのか、実はあまり把握していないのが正直な話。 正しいフィンガリングや理想のフィンガリングというのがどんなものなのか、それも本当のところ…

ベースと左手 そんなに握力が重要なのか?って疑問

以前から何度か話題に出していますが、スムーズなプレイについてだけでなく、強力な押弦を実現しようとするならば、握力に頼ろうとするフィンガリングはやめた方がいいと思うところ。 強く押さえようと無理に握ろうとするのは怪我の元にもなりますし、当然、…

ベースと左手 一番強い指は実は小指なんじゃないかと思う話

常識的には一番弱いイメージがある気がしますが、実のところ、一番強力に押弦できるのは小指だったりするのが現実。 確かに、それ単体で使うとなると厳しい面はあるけれど、人差し指・中指・薬指と、押弦の際に他の指の力も借りることができる為、結果的に最…

ベースと左手 3フレット4フィンガーフォームに対する疑問

正式名称やら呼び方は違いそうですが、コントラバスの世界などではスタンダードな3フレット4フィンガーのフォーム。 エレクトリックベースにおいてもこの方法を意識する事によって、演奏が非常にスムーズになるかもしれません。 先日の話の通り、1フレット1…

ベースと左手 ワイドストレッチや1フレット1フィンガーフォームの疑問

1フレットに対して指を1本ずつ当てる事がフィンガリングの基本の様に言われているのではないかと思いますが、年々、この方法に疑問を抱きつつあります。 ベースってギターより長いです大きいです。 そのノリや感覚をそのまま持ち込むのは正直辛い印象。 教則…

ベースと左手 ニュアンス作りやグルーブへの影響について考える

pompombass.hatenablog.com 先日の続きって事になりますが、グルーブについて考えても左手の役割というのは非常に重要なポイントだと思いますし、この辺のコントロールが素晴らしい人はやっぱり何かモノが違うって印象。 例えば、ド派手なスラップで有名であ…

ベースと左手 その絶大な権力と重要性について考える

「音程の選択」と言うのも淡泊な様ですが、それを操る権利を持っているのは、ほぼ左手なんじゃないかと思うところ。 勿論、開放弦って選択肢もありますが、それも結局、「押さえない」という選択を左手がする事によって生まれているものなのかもしれません。…

続・黒人のグルーブ云々についての話とベース

pompombass.hatenablog.com 『Chic』のナイル・ロジャースとジェリー・バーンズの雑誌記事が非常に興味深かったのですが、やはり、グルーブを生み出す為の研究ってのを相当にやっている印象。 曖昧な話に終始するのではなく具体的な解説もありましたし、どう…

黒人のグルーブは先天的とか言う話に対する疑問

「天然!物が違う!」みたいなイメージが先行しがちな気がしますが、黒人だってグルーブについて真面目に深く考えてるだろうにと感じるところ。 クリニックなどで実際に話を聞いてみても、雑誌記事や教則ビデオなどを見てもそうですが、案外、具体的に研究し…

プレベとスティングレイを一本にまとめようとした話 (後編)

pompombass.hatenablog.com 今回は動画を。 確か7~8年ぐらい前に撮ったものになります。 PBの音は誰でも知ってると思うのでハムの方だけを。 ちなみに配線はパラレルにしてあります。 まず乱暴な刻み。縦振動云々については全く考えていません。 www.yo…

ベースでタッピングと言えばこれ

※Youtubeに動画を上げられない様なので、先日の続きはまた後日。 www.youtube.com HDDを整理してたら出てきた動画。たぶん10年近く前に撮ったもの。 知っている人ならサムネを見ただけで何をやるか分かってしまうかもしれません。 本家そのままでやる場合、…

プレベとスティングレイを一本にまとめようとした話 (前編)

「一本で済めば楽だし安くていいじゃん!」って安易な発想。 しかし世の中、同じようなコンセプトのベースはあるけれど、残念ながらピンと来ないものが多い気がするところ。 どこかの工房に頼むのも面倒だし高そうだしと考えた結果、自分で改造して作ってし…

E-BOWとベース

www.youtube.com 真っ暗でほぼ何も見えませんが、6弦フレットレスをE-Bowで弾いた動画です。 エフェクターはボスのディレイだったかを使った記憶。 E-Bowとベースの組み合わせと言えばマイケル・マンリング。 自分もあれを見てE-Bowがベースにも使える物だと…

アコースティックピッコロベース

www.youtube.com 7~8年前だったか、かなり以前に撮った動画です。 この楽器、残念ながら今はもう手放してしまいましたが、正直、残しておいても良かったかな~と、少し後悔しているところ。 ミディアムだったかショートスケールだった為、ギター弦でも普通…

普通のベースを弾いたら普通に喜ばれた話

「普通に弾くのはつまらない!人と同じは嫌だ!ベースって凄いんだぞ!」 と考えている人がどんどん増えているのか、地味~で普通なベースを弾くと意外なぐらい喜ばれたりする事があるのが面白いものだなと。 特に意識するでもなく、ただルートをキープする…

ROMAN SO WORDS 2nd LIVE サポートライブの映像

www.youtube.com キバオブアキバのそなーからの繋がりでサポートをする事になったロマンソワーズのライブ映像です。 このサポートのきっかけになったのが先日の動画だったりもするから、まぁホント、世の中ってのは何が起こるか分からないもの。 まさか、ニ…

さくらステージBGM 演奏動画 

www.nicovideo.jp 友人のエレクトロソナーに誘われて撮った動画です。 10年以上前の話ですが、一緒にバンドをやってた仲間でして、夜通しゲームをやってたゲーマー仲間でもあります。 先日のネオジオの話ではありませんが、ストリートファイターからの選曲な…

速弾きや3フィンガーの習得、メタル好きな原点はネオジオにあるのかもしれない

小学4~5年ぐらいだったか、お年玉を貯めまくったり小銭も貯めまくったり、それでネオジオってゲーム機を買いました。 コントローラーも通常のパッドとは異なり、アーケードで使用する様なレバーとボタンのシステムでして、ま~、狂った様にハマっていた次第…

飽き性だから楽器が続いた気がする話

このブログで中学時代を振り返ってみて、色々忙しく詰め込んだなぁと思う一方、 深く取り組んだものが実は無かった様な気もするところ。 今でもそうですが、とにかく飽き性でニワカ気質な為、一つのスタイルだけに集中するとか極めるとか、そういう事には向…

ベース初心者・中学時代(終) 左手で弦を押さえる事を知らなかった話

最初にすべき話が最後になってしまいましたが、初めてベースに触った時の事。 今考えても、あまりに無知すぎて呆れてしまいますが、何と、左手で弦を押さえるって事すら知らなかったのが本当の話。 タブ譜の読み方だけは兄貴から電話で少し教わった為、その…

ベース初心者・中学時代(29) 生まれて初めて試奏したベースはSPECTOR

前回の続きですが、スペクターを発見したは良いけど、とても手を出せる代物ではありませんでした。 しかし、幻のベース(当時の自分的に)がそこにあるという事実に諦めきれず、その店に何度も通う事に。 自転車で片道30~40分ぐらいか、放課後で辺りが暗く…

ベース初心者・中学時代(28) 憧れていたのはSPECTORのベース

「もっと日本人の体格にあったベース作って欲しいよなぁ~。」 なんて兄貴がよく言っていましたが、当時の自分も同じ事を考えていました。 ミディアムスケール&小型軽量ボディのアイバニーズが最初のベースだったので、それで納得のいく音が出るのであれば、…

広告