ベース等画像付

すのこでエフェクターボード製作 軽くて安くて自作は最高

すのこエフェクトボード自作 目次 すのこエフェクトボード自作 目次 エフェクターのケースが嫌い 軽量すのこエフェクトボード ホームセンター愛好家 心配なのは耐久性 自作は楽しい エフェクターのケースが嫌い あのごつくて重いケースが大嫌いな自分。 ただ…

フレットレスでフレッテッドと大差ない音が出せたら面白い

フレットレスが好きだから悩む フレッテッドだけではなくフレットレスも大好きな自分。 正直、こっちをメインにしてもいいな~と思うぐらいだったりもします。 ただ、スラップサウンドの不満やら金属感の物足りなさやら、そういったところが問題だったりする…

Jiraud W-Driver ベースの歪み・音痩せに悩むならこれ 

ジラウド ダブルドライバー ジラウド ダブルドライバー 音痩せしない歪み Jiraud W-Driver バッファ・クリーンブースターとしても シンセベースっぽく 真空管いらず せっかくなので動画 音痩せしない歪み という売り文句のペダルって世の中にどれぐらい溢れ…

ジラウド ブラッククラウド 初期記事まとめ (1)

Jiraud Black Cloud リライトまとめ1 目次 Jiraud Black Cloud リライトまとめ1 目次 基本スペック 楽器本体 コントロール系 フルチューン アクティブバランサー JFDT-C スラップモード 全開サウンド パッシブトーン プレベ系のサウンドを求めて サウンド…

ベースとストラップ お気に入りとおすすめ・疑問について

ベースとストラップ 目次 ベースとストラップ 目次 本命はMoodyだった あることが気になりだす Italia Leather Straps 現行品は試していない 過剰なストラップが欲しくなる疑問 自分が弾くべき楽器を知れるストラップ 本命はMoodyだった www.pompombass.com …

ジャズベのフレットレスがやたら良い気がしてきて困った

ジャズベース・フレットレス 目次 ジャズベース・フレットレス 目次 jiraud Mobius Fretless Black Cloudとの違いは? 4弦のジャズベはシンプルで美味しい フレットレスは好み優先で良い気がする ジラウドのフレットレスはめちゃ良い jiraud Mobius Fretles…

ワンタッチでスポンジミュート THE BASS MUTE

スポンジを詰めるメリット・デメリット ・太く主張してくる音。 ・立ち上がりも歯切れも良い音。 それを分かりやすく実感・実現するなら、軽くミュートをしながら弾いてみるのが早いでしょう。 ブリッジミュートを加えてザクザク刻んだり、ギタリストも本能…

JIRAUD Dr.Simの試奏 究極超えのプリアンプ

究極をおびやかす存在 自分の人生においてこれより上は存在しないと思っていたのが、ジラウドの『JFDT-HA』 今の世の中、ベース用の機材なんていくらでもありますが、まぁ、まったく相手になりません。 このプリアンプの地位を脅かすものなど出てくるはずが…

使用ベースまとめ Jiraud Bass

Jiraud Black Cloud 5 Limited 【基本スペック】 ボディ:ホンジュラスマホガニー1P+シャム柿 ネック:メイプル 21フレット 指板:シャム柿 PU:JB-05 プリ:JFDT-C バッファ:アクティブバランサー 仕様:フルチューン+フロントネオパッシブ 塗装:オイ…

オールディスクリート 究極のベースプリアンプ JIRAUD JFDT-HA

至れり尽くせり究極のプリアンプ 今はもう製造していないジラウドのラックプリ。 オークションなどではプレミアが付いていたり、知っている人にとってはよだれが出るほどの逸品。 しかし、そのわりには情報がないと言うか、生産が終了していることもあってか…

使用アンプまとめ  JIRAUD ART BAGEND Cerwin-Vega

Jiraud JFDT-HA 究極のプリアンプ ジラウドを語る上で絶対に外せない存在であろうプリアンプ。 所有して軽く10年以上は経ちますが、いまだにこれを超えるものには出会ってません。 昨今、ベースアンプも色々と出てきてはいますが、やはり、音という一点に…

JIRAUD W-BASSを語る・まとめる 弓でも弾けるアコースティックなフレットレス

基本スペック ボディ:アルダー・2ピース ネック:メイプル+ウォルナット・5ピース 指板:エボニー 15mm PU:Jiraud JP-3D プリ:JFDT-W 塗装:ポリ系 コントロール系 ・ボリューム ・JFDT-W スーパートーン ・JFDT-W オン/オフスイッチ ・アコースティ…

K&R GROOVE DRIVE ベースに使える歪み 原音とミックス

まずは動画 セッティングは上記の画像を参照。 エフェクターの操作はON/OFFを切り替えるだけになります。 効き方が分かりやすいように、全弦同じフレーズで弾きます。 タッチはあえて荒くバチバチ言っちゃってる感じで。 www.youtube.com ベースに使える歪み…

プレベとスティングレイを一本にまとめようとした話 (前編)

一本で済めば楽だし安くていいじゃん! という安易な発想で生まれたベース。 世の中、同じようなコンセプトのベースはあるけれど、残念ながらピンと来ないものが多い感じ。 工房に頼むのも面倒だし高そうだしと考えた結果、自分で改造して作ってしまいました…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (30) まとめ

一ヵ月ぶっ続けで語れるベース ブラッククラウドについて長く話してきましたが、ひとまず今回で終了。 基本的な使い勝手や音の傾向といい、簡単にまとめると 凄いジャズベース と考えておけば、とりあえずは良いんじゃないかと思います。 フェンダーシェイプ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (17) アクセラレータとアクティブバランサー

アクセラレータ ジラウドならではと言えばこのバッファの存在も外せません。 本当に素晴らしいオリジナル製品ですね。 入力インピーダンスが3.2Ωにもなるものですが、これが実に凄い。 その性能と効果が分かってくると、他は目に入らなくなってくるんじゃ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (16) 地味に重要な微電流用トグルスイッチ

ジラウド初のオリジナル製品 それが実はこの小さなスイッチだというのだから驚きなところ。 電源スイッチなどに使用されるようなもの、それが平然と楽器に使われているのが業界の現実であり、それに憤慨したのだそうな。 PUや9V用の回路などから生まれる…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (15) PU位置は意外と普通

実はスタンダード 特別なようで実は普通、だからこそ実用的。 ジラウドはそのあたりのバランスにとても優れている印象。 このブラッククラウドに関しても、PU位置は60年代のJBが基準です。 故にバランサーをどのポジションに振っても破綻も問題もなく…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (14) JB-05はちゃんと5弦用

多弦のPUは難しい 多弦用PUの多くが高域特性が壊滅的だったり、反応も薄かったりつまらない印象。 癖の塊みたいなわけの分からないものが多くて困惑するところ。 これに関しては楽器本体の設計が見ため優先だったり、製作思想や狙いが支離滅裂なものが多…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (13) PUについて

まずはPUの話 「高出力」とか「パワーが凄い」なんてレビューされることもよくあるジラウド。 でも実のところ、PU自体は意外なぐらい普通とすら言える印象が強いです。 昔ながらと言うか、アルニコとエナメル線を使用することにこだわっているのが本当の…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (12) コントロール系について

コントロール系 以下の構成になっています。 ・ボリューム(JFDTスラップモードのオン/オフ) ・バランサー(Wシールドのオン/オフ) ・ベース ・トレブル ・フロントPUのパッシブトーン(プルアップでオン) ・プリスルースイッチ 自分用にちょっといじって…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (11) 24フレットじゃない理由?

20~21フレットが基本 これもジラウドならではのこだわりだと思いますが、ごく一部を除き、24フレットの楽器が存在していません。 自分の所有しているW-BASSなどはフレットレスであり、その中でもちょっと特殊な楽器なのでだいぶ条件が違うかなと。 着…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (10) シャム柿指板とタッチレスポンス

タッチレスポンス このブログを始めて以来、しつこいほどにタッチレスポンスについて話してきました。 そして、このブラッククラウドはその集大成と言うべきか、その点について完全に次元の異なる楽器。 指板に関してはシャム柿以外のものを見たことがないと…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (9) 頼れるネック

強靭なネック 長い年月を共に過ごしてきた楽器がほとんど存在しない為、他と比較してジラウドのネックが特別に傑出しているのかどうかは分からない部分もありますが、高密度で安定した材にこだわっているのは確かでしょう。 非常~に頑丈でしっかりしていま…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (8) ヘッドデザインとテンションバランス

テンションバランス 言葉として正しいかどうかはともかく、感覚としては非常に大事な要素。 今ではパーツから弦からなにから含め、多弦ベースの改良もかなり進んできた印象ですが、一昔前はひどいものが多かったですね。 特にローB弦の実用性が壊滅的でよく…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (7) コントロールパネルとザグリ

裏蓋をチェックすると面白い ハイエンドと呼ばれていたり、凝った木材を使用しているのにもかかわらず、裏側にばかでかいプラスチックの蓋があったりするとガッカリなところ。 百歩譲って、軽量化やアコースティック感などを狙う意味でそうしてるならまだし…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (6) 3Dデザインボディ

ジラウドならでは この3Dデザインのボディシェイプもジラウドならではの特徴のひとつ。 フラットトップのものと比較するとその違いは明らかでしょう。 複雑なカッタウェイが施されたオリジナルデザインが非常にユニークであり、これによって様々なメリット…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (5) ディープジョイントに慣れよう

慣れが必要 そのメリットが嬉しい美味しいディープジョイント。 とは言えやはり、ある程度の練習と慣れは必要になりそうです。 自分はもう完全にこれに馴染んでしまった為、通常のジョイントだと逆に違和感がある体になってますが、苦手に感じるのも確かに分…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (4) ディープジョイントの魅力

ジラウドと言えばこのジョイント 非常に特徴的なのがやはり、このディープジョイント。 一部を除いたほぼすべてのベースの共通仕様になっています。 J-BASSが基本であるこのブラッククラウドも当然のことながらディープジョイント。 そしてもちろん、その効…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (3) シャム柿のミューズ 真ん中の存在

音楽の女神 ブラッククラウド最大の特徴。 それがセンターにはめ込まれたシャム柿材の存在でしょう。 これがないと『J-BASS』というモデルになってしまう為、非常に重要なポイントですね。 非常に特徴的なシルエットであり、他のものとの違いを見せつけてい…