ベース弦

Richard Cocco ベース用ステンレス弦のおすすめ 指でもスラップでも

Richard Cocco ベース弦 目次 Richard Cocco ベース弦 目次 リチャード・ココ 美味しいステンレス弦 独特の弾力が素晴らしい 長寿命 良いタッチと音作りでより魅力的に 弾き方で弦の寿命は変わる レンジの広いベースならさらに超寿命 浮気しても結局はRココ…

最強のベース用フラットワウンド Labella ジェマーソン弦 0760M

フラットワウンドとおすすめ 目次 フラットワウンドとおすすめ 目次 超絶ぶっとい セットアップが大変 これでしか出ないサウンド フラットワウンドのすすめ タッチを鍛える 超絶ぶっとい 最強とは言っても、最高におすすめというわけではないこの弦。 ま~と…

弦の寿命、節約について考える (7) タッチを鍛える・ベースらしいベースに目覚める

新品弦の音などしょせん一時のもの ジェマーソンとまで行くのは極端にしても、張りっぱなしでもそれほど問題を感じないようなスタイルであれば、弦代は確実に抑えられるでしょう。 金属的なアタックや倍音が売りだったり、それを個性とするのも魅力的なスタ…

弦の寿命、節約について考える (6) 4弦をメインにする、所有本数を減らす、他雑談

弦が少ない方が安い これは当然の話ですが、4弦で行けばそれだけ安く済みます。 ローBが増えるだけでもかなり出費が増えますし、そこにハイCまで加わるとなると笑えません。 先日のココ弦など、6弦だと安いところで買っても4000円オーバー。 常に新…

弦の寿命、節約について考える (5) 高品質で安定した弦を使う Richard Cocco 

Richard Cocco 確実に10年以上は世話になっているであろう弦。 このリチャード・ココにしてからというもの、他の弦は本当に使わなくなりましたね。 普通、弦は劣化すると張りがなくなったり、弾いてて気持ち悪くなるものですが、ココに関しては不思議と、…

弦の寿命、節約について考える (4) ジラウドフルチューンのすゝめ

まずは動画 ステマだのオカルトだのうるさい人もいそうなので、とりあえず動画でも。 弦を数年張りっぱなしのフレットレス、そこにJFDT-Cのスラップモードを使用して鳴らします。 最初は本体のパッシブトーンを使用し甘い音を出し、その後にそれをスルーして…

弦の寿命、節約について考える (3) 劣化の原因と対策

汚れに気を付ける・手を洗う 自分の場合、体調管理の意味合いが強いですが、けっこう手を洗います。 「汗と油でベトベト」ってよりは綺麗な状態で演奏したいですし、その方が弦が長持ちするのも間違いないんじゃないかと。 このあたりは個人差の問題もあった…

弦の寿命、節約について考える (2) 弦の張り方を見直してみる

まず伸ばす 弦をパッケージから出し、丸まった状態からほどく。 ストレート弦でもない限り、まずはこの作業に取り掛かることでしょう。 で、そのまま張ろうとするのではなく、弦が真っ直ぐになるよう引っぱり、伸ばしてから張るのをおすすめします。 まぁ、…

弦の寿命、節約について考える (1) 弦代は笑えない

コスト意識を持つ 自分の場合は5弦ってこともありますが、一回の交換で4000円前後が飛んでいきます。 それでも、新品状態にそこまでうるさい方ではないのと、様々な要因により年に数回の交換で済んでいる為、まだ助かっている方かもしれません。 所有し…