おすすめ

Al Di MeolaとAnthony Jackson 超絶ピック弾きの競演

Al Di Meola Tour De Force-Live ・Al Di Meola (Gt) ・Jan Hammer (Key) ・Anthony Jackson (Ba) ・Stave Gadd (Dr) ・Mingo Lewis (Perc) ・Vitor Godsey (Key) Al Di Meola Tour De Force-Live RACE WITH DEVIL ON SPANISH HIGHWAY 邦題・ス…

noteの有料記事作成 何事もまず挑戦 ベースとタッチと太い音

初・有料記事 いやほんと、凄い時代になってますね。 有料の記事を書くとかその発想が今まで全然ありませんでしたし、それがお手軽にできる場があったなんてこともまったく知りませんでした。 なんと言いますか、情報が一方的に送られてくる時代を遥かに超え…

ベースの音痩せにはブレンダー エフェクターに悩むならX-BLENDER・LS-2

ベースとエフェクターと音痩せ対策 ベースとエフェクターと音痩せ対策 エフェクターは音が変わってなんぼ 原音とブレンド・ミックス 全てのエフェクターにある機能ではない XOTIC X-Blender BOSS LS-2 エフェクターの音痩せ対策と心構え 悩んだらX-Blenderか…

FISHMAN FISSION BASS AKAI UB1 UNIBASSの再来

ギターのパワーコードを追加 『FISHMAN』の【FISSION BASS】 知名度はいまいちな気がしますが、こいつは本当に楽しいエフェクター。 「こういうのあったら面白れぇだろうな~」って存在ですね。 簡単に説明しますと、基本的にはアッパータイプのオクターバー…

Richard Cocco ベース用ステンレス弦のおすすめ 指でもスラップでも

Richard Cocco ベース弦 目次 Richard Cocco ベース弦 目次 リチャード・ココ 美味しいステンレス弦 独特の弾力が素晴らしい 長寿命 良いタッチと音作りでより魅力的に 弾き方で弦の寿命は変わる レンジの広いベースならさらに超寿命 浮気しても結局はRココ…

すのこでエフェクターボード製作 軽くて安くて自作は最高

すのこエフェクトボード自作 目次 すのこエフェクトボード自作 目次 エフェクターのケースが嫌い 軽量すのこエフェクトボード ホームセンター愛好家 心配なのは耐久性 自作は楽しい エフェクターのケースが嫌い あのごつくて重いケースが大嫌いな自分。 ただ…

ベーアンではないベースのアンプ なるべく安くフラットなシステムが作れないか考える

ベースアンプではないベースのアンプ 目次 ベースアンプではないベースのアンプ 目次 フラットなシステムの構築 PAシステムに目を向ける ART SLA1 パワーアンプ JBL JRX212 スピーカー ART Tube MP Project Series マイクプリ ベースアンプ界から探すなら Ac…

最強のベース用フラットワウンド Labella ジェマーソン弦 0760M

フラットワウンドとおすすめ 目次 フラットワウンドとおすすめ 目次 超絶ぶっとい セットアップが大変 これでしか出ないサウンド フラットワウンドのすすめ タッチを鍛える 超絶ぶっとい 最強とは言っても、最高におすすめというわけではないこの弦。 ま~と…

ベースもメトロノームも歯切れの良いサウンドが好き

ベースとクリック 目次 ベースとクリック 目次 カッ!と鳴ってほしい Wittnerのメトロノーム ベースサウンドで考えてみると ジラウドと縦振動のタッチ 直球の強み カッ!と鳴ってほしい 電子メトロノームやクリックにありがちな話。 「ぽん・・ぽん・・」 「…

MTDの7弦ベースが欲しくなってた時の話

驚愕の弾きやすさ 残念ながら試奏の段階だけであり、実際に手に入れたことはありませんが、今まで試した中で一番手応えを感じた7弦ベースはMTDでした。 さすがはトバイアス先生と言うべきか、多弦の弾きやすさやバランスというのを本当によく理解してい…

ピックから指弾きに転向した話 (後編) ほぼ完全移行の経緯について

ピックから指弾きへ 目次 ピックから指弾きへ 目次 憧れによって指弾きに目覚める ドリームシアターのコピーを開始 問題なく動いたから移行できた スラップにも憧れていた 二兎を追うのは無理だと感じる まとめ 憧れによって指弾きに目覚める 中学時代からす…

【Danilo Perez】 芸術的ジャズアルバム 生涯の名盤

Across The Crystal Sea 目次 Across The Crystal Sea 目次 一生の名盤 衝撃の一枚 Another Autumn ゲーム音楽が好きならいける 伝説のトリオ 一生の名盤 そう呼べるアルバムを誰でも持っているものだと思います。 自分にとっては以前に紹介したスティーリー…

修羅の門 虎砲 漫画で鍛える上手くなるベース (1)

陸奥圓明流 虎砲 簡単に説明しますと、 「相手に拳を押し当てた状態から超強力な打撃を加える」 という技。 完全ゼロ距離から1トン近い衝撃を叩き込むという、いかにも漫画的でワクワクする必殺技ですね。 修羅の門の主人公である『陸奥九十九』いわく、 「…

【PEG】 伝説のスラップ Chuck RaineyとSteely Dan

チャック・レイニーとスティーリー・ダン 目次 チャック・レイニーとスティーリー・ダン 目次 音楽学校時代に聞いた逸話 彩(エイジャ) PEG 伝説のスラップ グルーブと音楽の為のプレイ ドキュメンタリーが超面白い 音楽学校時代に聞いた逸話 チャック・レ…

JOHN MYUNGと6弦ベースの魅力を語る (2) AWAKE

Dream Theater・AWAKE 目次 Dream Theater・AWAKE 目次 ドリームシアターのコピー初挑戦 6弦ベースに目覚めたアルバム Caught in a Web Innocence Faded Erotomania Voices Lifting Shadows Off A Dream Scarred Space-Dye Vest ドリームシアターのコピー初…

オリンピックの実況・解説が凄い 音楽でも出来るのだろうか?

オリンピックの解説を聞いてて オリンピック毎日見てましたが、いや~、マジで面白かったですね。 正直、細かいところは全然分からないことも多いですがとにかく熱い。 選手の情熱とかギリギリ感がヒシヒシと伝わってくる。 これぞまさに、 「理屈じゃない!…

スラップと言えばMarcus Miller 問答無用の超絶影響力

マーカス・ミラー 目次 マーカス・ミラー 目次 マーカス登場前と登場後 マーカスっぽくなる恐怖 The Sun Don't Lie 歌物・バッキングも超上手い まとめ マーカス登場前と登場後 そこでスラップベースの歴史が変わってしまったんじゃないかってぐらい、とんで…

スラップ知るならLarry Graham 問答無用 聴け

ラリー・グラハム 目次 ラリー・グラハム 目次 原点にして頂点 POW!! 見てるだけでハッピーになる 今の世だからこそラリー・グラハムが必要 原点にして頂点 「スラップベースの始祖は誰か?」 という議論をするならば、まず確実に『ラリー・グラハム』の名…

Charlie Haden 衝撃のベースプレイとベースソロ

Beyond the Missouri Sky 初めて聴いたのは十代の頃だったか、それからずっと人生の名盤として輝き続ける一枚。 簡単に言うと『パット・メセニー』と『チャーリー・ヘイデン』によるデュオですね。 重ねている部分もありはしますが、この二人が主役であるこ…

弦の寿命、節約について考える (5) 高品質で安定した弦を使う Richard Cocco 

Richard Cocco 確実に10年以上は世話になっているであろう弦。 このリチャード・ココにしてからというもの、他の弦は本当に使わなくなりましたね。 普通、弦は劣化すると張りがなくなったり、弾いてて気持ち悪くなるものですが、ココに関しては不思議と、…

1フィンガーについて考える (7) James JamersonとChuck Rainey

Marvin Gaye What's Going On ワールドスタンダードとして外せないのがこのアルバムでしょう。 ジェマーソンと来ればまずはこれって感じ。 しかし、ドキュメンタリー映画などによるとなんと、レコーディング当日、ジェマーソンはべろべろに酔っぱらった状態…

EDEN MICRO TOUR ミニベースアンプ

オモチャが欲しい時におすすめ このブログで話してきた事とはちょっと矛盾しているようでもありますが、時には何も考えず、適当に楽しみたくなるのも楽器というもの。 それこそ、テレビでも見ながらだらだら弾いたり、ネットで面白そうな動画でも探して合わ…

ベース ケースの選び方のポイント 楽器探しについて考える (9)

ベースケース選び 目次 ベースケース選び 目次 利便性を取るか楽器を守るか ネックの枕があると安心 収納スペースをどれだけ求めるか 軽いから楽とも限らない ダブルケースはきつい まとめ・雑談 利便性を取るか楽器を守るか 個人的には意外と悩ましいアイテ…

【EUB】 エレクトリックアップライト 選び方のポイント 楽器探しについて考える (4)

EUB選び 目次 EUB選び 目次 まずは分類してみる ボディレスト・フレームがポイント ヤマハかそれ以外 ただヤマハはちょっと味気ない SLB-200を狙うならLTDがおすすめ 箱物も良いけどしょせんは電気楽器 生音を求めるとリスクも上がる スタンド固定タイ…

JOHN MYUNGと6弦ベースの魅力を語る (1) Six Degrees of Inner Turbulence

Dream Theater 6DOIT 目次 Dream Theater 6DOIT 目次 あくまでも控え目に ドリームシアター・二枚組の大作 The Glass Prison Blind Faith The Great Debate The Test That Stumped Them All マイアング流の世界観作り・イントロ作り あくまでも控え目に 6…

ベースは簡単に始められる楽器

Fが押さえられない そんな理由でギターをやめてしまう人も多いらしいこの世の中。 古くから言われていることに加え、ネット検索の予測変換にも出てくるというのが凄い。 どうやら、いまだに続いているお約束な様子。 「ちゃんとナットの調整をすればいいの…

【山下達郎】 クリスマス・イブのベース 基礎の見直し 初心者にもおすすめ

ベースの音が聴こえる・分かる曲 自分も最初そうでしたが、ベースの音って意外と分からない・知らないものなんですよね。 「へぇ~、ベース弾いてるんだ。で、ベースってどういう音するの?」 なんて聞かれた経験のある人もきっと多いことでしょう。 現実問…

続・黒人のグルーブ云々についての話とベース

Chicのグルーブ談義 雑誌記事にあったナイル・ロジャースとジェリー・バーンズの話は非常に興味深いものでした。 やはり、グルーブを生み出すための研究というのを相当にやっている印象。 曖昧な話に終始するのではなく具体的な解説もありましたし、どうグル…

E-BOWとベース フレットレスに超美味しいアイテム

まずは動画を 真っ暗でほぼ何も見えませんが、6弦フレットレスをE-Bowで弾いた動画です。 エフェクターはボスのディレイだったかを使った記憶。 www.youtube.com マイケル・マンリング E-Bowとベースの組み合わせと言えばこの人でしょう。 自分もマンリング…

Jaco Pastoriusの衝撃 A REMARK YOU MADEの感動 初心者・中学時代 (26)

ジャコ・パストリアス お約束かもしれませんが、自分もジャコには凄い衝撃を受けた身です。 例のごとく、「凄いベースを弾く奴を教えてくれ!」と兄貴に頼んだのがジャコを知ったきっかけ。 「だったらジャコパスだろ!」 「Word of Mouthが傑作だぞ!」 と…