縦振動のタッチとグルーブ

曖昧なまま放置されてよいものか? 「グルーブなんて感じるもんだ!理屈じゃないんだよ!」 なんて言われ困惑したり、答えもなくずっと悩み続けることも、決して珍しくないんじゃないかと思います。 実際、そうとしか言えないものなのかもしれないし、いくら…

縦振動のタッチとフルチューン

超高速ワイドレンジ仕様 縦振動の練習をするにはOPBを弾くのが一番いいかと思いますが、ある意味ではそれ以上に難しいのがジラウドのフルチューンかもしれません。 電気的に高速な特性を求めるのであれば、これ以上の仕様はないでしょう。 また、ジラウド…

縦振動のタッチとパッシブ

パッシブの魅力 「パッシブこそが真の音!」みたいな妄信はどうでもいいと以前から話してきましたが、一方、それでタッチを鍛えることで結果が出るのも実は確かなんじゃないかと思ってたり。 実際、自分も純パッシブのOPBでさんざん練習をしてきました。 …

縦振動のタッチとアクティブ

アクティブは嘘っぽい音? 「誰が弾いても同じ感じがする!」なんて事がよく言われてたりもしますが、それには反論もあるし、同意もするところだったり。 インピーダンスの処理を考えるなら、パッシブそのままが理想とは思えませんし、それで純粋で素直な音…

縦振動のタッチと初心者

初心者だからこそ 「初心者にはハードルが高すぎる!」なんて思われそうな縦振動。 でも実のところ、まだ変な癖がついてなかったり指が固まってない方が、これから取り組むのに有利な面があります。 知人から聞いた話ですが、夫婦でジラウドに行き、揃って縦…

縦振動のタッチとエージング

楽器を弾きこむ ボディ鳴りやエージングについて以前から話してきましたが、縦振動とも大いに関係がある印象。 以前の縦振動のタッチと生音の話を考えると分かりやすいかもしれません。 それだけボディに振動が伝わりやすいと言うか、縦振動を意識していれば…

縦振動のタッチとレスポンス

タッチレスポンス という言葉をジラウドでよく聞くことになるかと思いますが、自分でどう説明したものかと考えてみると、これが意外に難しい。 たとえば、デジタル機器を扱っててタイムラグなどを認識した場合、恐らくは多くの人が気持ち悪い印象を覚えるか…

縦振動のタッチと練習環境

アンプも重要 縦振動の実感と言うか、タッチの変化を認識しづらい楽器があると話しましたが、これはアンプシステムなどの環境についても同様です。 世の中にある楽器用アンプのほとんどは、ものすごく濃い味付けをしてる印象。 それだけ回路的にも余計なもの…

縦振動のタッチとフォーム

指を長く使う 縦振動の練習に取り組むにあたり、まずは指の使い方を意識することかと思います。 ジラウドに行った人は、第三関節を上手く使うことを教わるのではないかと。 実際、それが本当に大事だと感じますし、一つの運動としても理に適ってる印象。 ベ…

縦振動のタッチとタッチスピード

タッチスピードって速弾きのこと? 良い音を出すにはタッチスピードが重要と先日話しましたが、ちょっと誤解をまねく言葉のように思えるところ。 これは「速弾きが出来なければいけない!」という類の意味ではないです。 どんなに速く弾けたとしても、タッチ…