ポングとベース

ベース楽しむ人生を

JIRAUD W-BASSの肝

ジラウドにおける大きな拘りの一つは生鳴りだと思います。 電気的な部分にだけ注目が集まりがちな印象もありますが、楽器本体の鳴りにこそ、その音の肝があるんじゃないかと感じるところ。 その中でもW-Bassの鳴り方ってのはホント、特別なものがあるかもし…

エレクトリック楽器の生音は無視すべきなのか?

「ソリッドボディとマグネットPUの楽器をアンプで鳴らす」 そこに生鳴りは関係ないという見方や意見もありますが、個人的には、とてもそうは思えないことが沢山あるように感じるところ。 最近のジラウドの中で言えば、PJ仕様のベースがまさにそんな印象。 …

JIRAUD W-BASSのプリアンプ JFDT-W

とにかく専用パーツが多いこのベース。 やはりと言いますか、プリアンプも専用の物が搭載されてます。 JFDTの名を冠してはいますが、1トーン仕様なので操作感覚は実にシンプル。 しかし、音作りの幅はかなり広く、驚く程に音色を変化させる事が可能。 ブース…

JIRAUD W-BASSのPU

厳密にどんな構造になっているかは分かりませんが、このマグネットPUは本当にオリジナリティがある物だと思います。 繰り返す様ですが、指にも弓にも対応出来る事が素晴らしい。 音量バランスが極端に崩れる様な事もなく安定しています。 今はピエゾにも色々…

JIRAUD W-BASSのブリッジ

とにかく拘りの詰まったこのW-Bass。 ブリッジも同様、非常に贅沢なものかもしれません。 以前、ジラウドはブリッジに特に拘りは無さそうだと話しましたが、このベースに関してはちょっと別だと思います。 既成の金属のブリッジでは厳しい高さと角度を実現す…

JIRAUD W-BASSのボディ

W-Bassで特徴的なのはネックだけではなく、ボディも同様だと思います。 ジラウドならではの3Dシェイプの極致なのかもしれません。 弓奏に対応する為のカッタウェイが非常に独特。 同社の新型でニュークラインと言うバイオリンシェイプの物がありますが、ジラ…

JIRAUD W-BASSの指板

通常のベースと比較して大きく異なるのは、まず指板だと思います。 厚みもRも一般的なエレクトリックベースのそれではなく、最大で厚さ15mmにもなる非常に贅沢で凝った作りになっています。 そして、使用されているエボニーも真っ黒で高密度。 ネック材と共…

JIRAUD W-BASS 弓でも弾けるベース

ジラウドの中でも特にオリジナルと言えるのが、このベースかもしれません。 弓奏にも対応した設計になってる本体とPUがとにかく素晴らしい。 マグネットPUなのに弓の音もしっかり再生してくれます。 ガサガサとしたピエゾとは違い、量感豊かで滑らかな音が魅…

JIRAUD W-BASS

基本スペック ボディ:アルダー2P ネック:メイプル+ウォルナット 5p 指板:エボニー 15mm PU:Jiraud JP-3D プリ:JFDT-W 塗装:ポリ系 コントロール系 ・ボリューム ・JFDT-W スーパートーン ・JFDT-W オン/オフ スイッチ ・アコースティックモード ス…

息抜きピッコロベース

ピッコロベースは賛否が分かれるところだと思いますが、【Brian Bromberg】のアルバムに衝撃を受けて以来、個人的にはけっこうお気に入りのアイテムだったりします。 そのブロンバーグのアルバム、完全にギターにしか聴こえないサウンドが飛び出てくるのです…