言語化の拒否が拒絶と恐怖を生むのか 思考停止は楽だからそれに安心するのか

知らない言葉は難しく感じる まず、奏法に関する言葉を適当に10個並べてみます。 ・ハンマリングオン ・プリングオフ ・チョーキングorベンド ・スラップorチョッパー ・アポヤンドorアルアイレ ・タッピング ・カッティング ・スウィープピッキング ・ス…

5弦ベースを弾くようになったきっかけは6弦ベースに疲れたから

4弦から6弦 6弦から5弦へ 今は5弦を完全にメインにしている自分。 しかしどうもまだ、5弦に順応しきっていないような感覚もあったりします。 それぐらい6弦を弾くことが当たり前だった為、何となくふわっとしているような気がしないでもなかったり。 …

GOTOH EPR-2 ロックピンのすすめ ストラップ節約・恥と悲劇の防止に

GOTOH EPR-2 ロックピン 個人的に必須アイテムなのがゴトーのロックピン。 こいつがめっちゃくちゃ便利で助かりますね。 自分が使っている全てのベースにEPR-2対応のストラップピンを取り付けてます。 ちょっとひねれば付くし外れるし、とにかく扱いが楽で簡…

おすすめのベース・買ってはいけないベースについて考える

買ってはいけないベースとは何か? 『物欲しか満たせないベース』 これではないかと。 要するに何の生産性も創造性もない、ただお金を使いたいだけ、手元に置いておきたいだけ、その時の気分を満たすためだけの存在。 経験上、そういう楽器って高確率で手放…

ベースと速弾き (12) 痛みは放置せず休む・脳の使い方も考える

怪我や痛みは勲章でもなんでもない ・いくら弾いても疲れを感じない ・とにかく弾きたくて仕方がない ・上達が手に取るように分かる こんな状態であれば長時間弾き続けるのも悪くありません。 『ノッてる状態』とでも言いますかね? やってて楽しいなら好き…

ベースと速弾き (11) 音を太くする・音量幅を持っておく

力み・緊張の悪影響 音を太くすることを意識するとついつい、力を入れてしまいがちなもの。 実際、音量が上がればそれっぽくなるし、迫力も分かりやすく出てきます。 しかしこれというのは「それっぽい」だけだったり、実際は音が潰れてしまって音程感も存在…

ベースと速弾き (10) 開放弦を取り入れる・フレーズを分析する

開放弦のパターンを作っておく お手軽に音数を増やすのであれば、開放弦も活躍してくれます。 例えば、1弦で6連のパターンを弾くとしましょう。 右手で開放弦を鳴らし、人差し指で3フレットをハンマリング。 続いて薬指か小指で5フレットもハンマリング…

ベースに使ってみたいオクターバー NANO POG ELECTRO-HARMONIX

NANO POG 気になるオクターバー 友人が所有しているちょっと良さげだったオクターバー。 それのミニサイズ版。 自分の認識が古いというのもありますが、この手のペダルってピッチの検出が甘いだけではなく、和音に対応していなかったり誤作動を起こすイメー…