ポングとベース

ベース楽しむ人生を

【ベース談義】 太い音の出し方を考える (5) 自立と孤立について考える

技巧の発展・ソロ志向に伴う代償? 昨今、ベースの技巧水準が尋常ではなく上がってきている印象があります。 Youtubeなどで軽くみるだけでも、ま~、とんでもないプレイヤーが次々と確認できる。 凄まじいスラップなんてのはもはや常識、ギタリスト顔負けに…

【ベース談義】 太い音の出し方を考える (4)ブラック企業みたいな弾き方をやめる

こき使われるのは末端 いつの時代でも何の世界でもそうかもしれませんが、上層が酷いと苦労するのは末端だと思います。 「もっと太い音出せや!」 「もっと速く弾けや!」 「リズムずれたら〇すぞ!」 「だらだら休んでんじゃねぇ!」 なんて感じに、指先も…

【ベース談義】太い音の出し方を考える (3) 指のスタート地点を意識してみる

「どうしたら音は太くなるのか?」 という一連のテーマ。 今回は奏法に関する考察をしてみたいと思います。 太い音を出すために如何に弦を振動させるか? それを考えた場合、まずは「指のスタート地点」を意識してみることが重要になる印象。 いきなり極論か…

ジラウド 2トーンネオパッシブ 簡易ネオパッシブ (まとめ版)

2トーンネオパッシブ アクティブバランサーを使用したネオパッシブならではと言いますか、パッシブトーンを極端なセッティングにしてみると面白いことが起きます。 パッシブトーンを2個搭載してフロントとリアで個別に働かせることができる点が非常にユニ…

Jiraud Neo Passive (リライト版)

ネオパッシブってパッシブ?アクティブ? なんだかややこしい印象を受けそうなネオパッシブ。 実際、自分も最初はよく分かりませんでした。 「ネオパッシブはアクティブです!」 なんて言うと、さらに混乱を招きそうな? しかし事実、ネオパッシブはアクティ…

ジラウドはアンプを選ぶのか? (リライト版)

ジラウドは環境に左右される? 「アンプを選ぶし実用が難しい!」なんて声を聞くことがありますが、気持ちはなんとなく分かる反面、実際はその逆じゃないかと思うのが正直なところ。 インピーダンスの処理にこだわっている意味は非常に大きく、実際は環境を…

【ベース談義】太い音の出し方を考える (2) 怒鳴っても音は太くならない

太い音を出そうとして勘違いしがちになるのが、力任せになってしまうことだと思います。 力んでついつい乱暴に弾いてしまったり、弦が不自然なまでにたわんでしまったり、ライブなんかではお約束だったりもする印象。 後で音源を聴いてみたら音が潰れまくっ…

縦振動のタッチとフィンガーランプ (リライト版)

フィンガーランプとは? どんな物なのか簡単に説明しますと、「指が深く入らないようにするための板」と言ったところではないでしょうか? 扱いを極めた人の見解などは分かりませんが、少なくとも自分の場合、そんな認識でいます。 たとえば2PUのベースの…

ブログの勉強 見出し機能があることを知る

←これ ブログを始めてもう少しで一年。 見出しなんてものを付けられることをつい先日発見。 文字の大きさとか太さを選べることを知ってしばらく遊んでいましたが、今後はこの機能も使っていこうかと。 これを入れるだけでも随分と印象が変わるものですね。 …

【ベース談義】 太い音の出し方を考える (1) まずは弦を振動させる

楽器のスペック云々関係なく、そもそもどうしたら音は太くなるのか? とりあえずシンプルに考えてみると、 「弦がちゃんと振動しているか?」 というのが大事なポイントではないかと。 要するに声量があるかどうか、その問題とでも言いますか、根本的なエネ…

広告